86歳を迎えたメキシコの伝説的ジャズ・ドラマー“ティノ・コントレラス”、最新作『La Noche de los Dioses』を10月23日発売

ツイート

1924年にメキシコのチワワで生まれ、アート・ブレイキー、デイヴ・ブルーベック、ルイ・アームストロングといった偉大なアーティスト達とステージを共にしてきた伝説的なメキシコのジャズ・ドラマー、ティノ・コントレラスが最新作『La Noche de los Dioses』をジャイルス・ピーターソン率いるBrownswoodよりリリースすることを発表、同時に「El Sacrificio」を公開した。

◆ティノ・コントレラス 関連動画&画像


ジャイルス・ピーターソン、ティノ・コントレラス、ミュージシャンでありレコードコレクターでもあるカルロス・イカーザの3人の手によって実現した今作のリリースは、ジャイルス・ピーターソンが昨年より始動したリイシュー・レーベルArc Recordsからの『Musica Infinita』のリイシューに続く3人による第2弾のリリースとなっている。ジャイルスはティノ・コントレラスの『Musica Infinita』を日本にきた際に初めて手にし、その後メキシコシティで偶然にもコントレラスと出会い一連のリリースが実現することとなった。

■ジャイルス・ピーターソン コメント

このアルバムは素晴らしい!このレコードは彼のキャリアの全貌を一つにまとめたものだ。メキシコのナイトクラブ、ブルース、デカダンス…そういったものを捉えて表現されている。地下宇宙的なサウンドだ……。

新作は、2020年にメキシコシティで制作され、現代ジャズをテーマに3/4のリズムで表現した7つの新録音源を収録されており、ティノ・コントレラスはこのアルバムで人生と人間性についての、スピリチュアルで万華鏡のようなサウンドを表現している。

アルバムのオープニングを飾る、元々70年代に作曲されたタイトル曲「La Noche de los Dioses」は、妖艶なソプラノサックスと力強い鍵盤のサウンドによって聴く者を超越的なところまで導くような楽曲だ。続く「Máscaras Blues」では、ヒプノティックなリズムの広がり、そして優雅なピアノソロが盛り上がりを作る仕上がりとなっている。5曲目の「El Sacrificio」は、コントレラスの過去50年の旅先での生活を表現したもので、呪術的なリズムセクションで旅の山場が表現されている。続く「Al Amanecer」は、曲全体が壮大な雰囲気に包まれた「新しい世界に生まれ変わる機会について」の楽曲であるとティノ・コントレラス本人は説明している。そして最後の「Niña Yahel」では彼の想像力が最大限に発揮された曲で、これまでの活動を総括すると共に、未来へと繋がる力強さが表現しており、作品が未来につながるサウンドであることをはっきり示すことでアルバムを締めくくっている。

ティノ・コントレラスの最新作『La Noche de los Dioses』は10月23日に世界同時リリース。解説が封入された国内仕様盤CDと輸入盤CD/LP、デジタルでリリースされる。

『La Noche de los Dioses』

2020年10月23日(金)リリース
Brownswood Recordings
商品ページ: https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=11423

■tracklist:
01. La Noche de los Dioses
02. Máscaras Blues
03. Naboró
04. Malinche
05. El Sacrificio
06. Al Amanecer
07. Niña Yahel

◆ティノ・コントレラス Instagram
この記事をツイート

この記事の関連情報