Eve、アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』主題歌に続き挿入歌も担当

ツイート

Eveの新曲「心海」が、2020年12月25日に公開となるアニメーション映画『ジョゼと虎と魚たち』の挿入歌に決定した。主題歌「蒼のワルツ」に続き、本作の挿入歌もダブルでEveが担当する。

『ジョゼと虎と魚たち』は芥川賞作家・田辺聖子の代表作。2003年に妻夫木聡、池脇千鶴主演で実写映画化され、高評価を得て話題を集めた。そんな名作として今も根強い人気を誇る作品が、このたび劇場アニメーション作品となる。


(C)2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project

『おおかみこどもの雨と雪』助監督や、『ノラガミ』シリーズの監督を務めたタムラコータローが満を持してアニメ映画初監督を務める。『ストロボ・エッジ』の桑村さや香が脚本を、『妖狐×僕 SS』『クジラの子らは砂上に歌う』の飯塚晴子がキャラクターデザインを手掛け、そしてアニメーション制作は『鋼の錬金術師』や『僕のヒーローアカデミア』など数々の人気作を手掛けるボンズが担当。現在の映像シーンをリードするクリエイター陣によって紡がれる“新たなジョゼ”。夢を追う大学生の恒夫役に中川大志、車椅子のヒロイン・ジョゼは清原果耶が声優を務める。

なお、本日13日公開された本予告映像にてEveの新曲「心海」が一部試聴可能となっている。


■映画『ジョゼと虎と魚たち』HP
https://joseetora.jp/
2020年12月25日(金)公開

この記事をツイート

この記事の関連情報