ザ・ローリング・ストーンズ・ファンの男性、迷い犬助けたら、ロニー・ウッドの愛犬だった

ツイート
Photo by Andrew Timms

英国に住む男性、ザ・ローリング・ストーンズのファンであるDaniel Catoさんが大通りを走って横切る犬を見かけ救出し、首輪にあった番号に電話してみたところ、犬を迎えに来たのはロニー・ウッドだったそうだ。

英国の新聞『The Sun』によると、Danielさんが電話したとき出たのはロニーの妻で、彼は夫妻が現れるまで迷子犬のオーナーが誰なのか全く気づかなかったという。Danielさんは「ロニーと一緒に車でやって来るまで、電話に出たのがサリー・ウッドだとは知らなかった」と話している。Danielさんはお礼にロニーのサイン入りのザ・ローリング・ストーンズのTシャツをもらったそうだ。

ロニーの自宅では工事を行っており、彼らの愛犬ドリーは何かのはずみで外に出てしまったらしい。Danielさんは息子を幼稚園に送り届けるところで、ドリーを見つけたという。

ロニーの妻サリーさんは、2ヶ月ほど前、「ドリー! 愛してる!!!」と、ドリーと家族の写真をインスタグラムに投稿していた。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報