SUGIZO、6人の奇才によるジャムバンド “SHAG”を12年ぶり再始動

ツイート

SUGIZO率いる“SHAG”がメンバーを再編成、新たなコンセプトのもとに12年ぶりに再始動することが明かとなった。SHAGは2000年代初頭、クラブ&レイヴシーンを中心に活動した凄腕揃いのサイケデリック・ジャムバンドだ。

◆SUGIZO 画像

再始動後初となる公演<SUGIZO's SHAG>が、12月6日(日)および7日(月)の2日間、BLUE NOTE TOKYOにて開催される。なお、7日(月)の公演はPIA LIVE STREAM、e-plus streaming+、ZAIKOにてライヴ配信される予定だ。

「最もエクストリームな2020年代のジャズ」になるという新生SHAGには6人の奇才が集結。予想不可能なスリル、美しき恍惚のジャムが繰り広げられる。その布陣は初期SHAGのメンバーでもあるKenKen(B)、実力派インプロヴァイザーの類家心平(Tp)、元Yasei Collectiveの別所和洋(key)、SUGIZOとは長年のバンドメイトであるパーカッショニストのよしうらけんじ(Per)、そして新世代超絶技巧派ドラマーの松浦千昇(Dr)だ。

2000年代当初、SHAGはターンテーブリストが繰り出すビートを軸に、ダブ、ヒップホップ、ファンク、アンビエント、ノイズ等をサイケデリックに融合させた即興演奏を主体としていた。そして2020年、リリース半世紀記念となるマイルス・デイヴィスの金字塔『Bitches Brew』へのリスペクトをコンセプトに、よりドープで過激なインタープレイを展開するべく息を吹き返す。

撮影◎Tatsuo HATA

■SUGIZO’s SHAG 2020 編成

・SUGIZO (Guitar, Violin)
・KenKen (Bass)
・類家心平 (Trumpet)
・別所和洋 (Keyboard)
・よしうらけんじ (Precession)
・松浦千昇 (Drums)

▼過去参加メンバー
・Mick Karn (Bass)
・松田“FIRE”卓己 (Bass)
・TOKIE (Bass)
・かわいしのぶ (Bass)
・BAKU (Turntable)
・SAK (Turntable)
・K-Ta (Vibraphone)
・田中邦和 (T.Sax)
・たどころ~る (Kalimba)
・Greg Ellis (Drums)
・山根麻以 (Vocal)
etc…

■公演<SUGIZO's SHAG>

2020年12月6日(日) BLUE NOTE TOKYO
・1st:open16:00 / start17:00
・2nd:open19:00 / start20:00
2020年12月7日(月) BLUE NOTE TOKYO
・1st:open17:30 / start18:30
・2nd:open20:30 / start21:15

■チケット■
▼会場でのご観覧
¥9,000(税込)
※12月7日(月)2nd Show は配信用のライヴ撮影を予定しています。
・サイドエリア L [1~2名様] 1名様 ¥9,000(税込)
・サイドエリア R [1~3名様] 1名様 ¥9,000(税込)
・カウンター[1名様] ¥9,000(税込)
・ボックスシート センター [6名様] 1名様 ¥12,300(税込)
・ボックスシート センター [4名様] 1名様 ¥12,300(税込)
・ボックスシート ペア [2名様] 1名様 ¥12,300(税込)
・ペアシート センター [2名様] 1名様 ¥11,750(税込)
・ペアシート L/R [2名様] 1名様 ¥11,750(税込)
・サイドボックス [2名様] 1名様 ¥11,200(税込)
・サイドソファー [1名様] 1名様 ¥10,100(税込)
・アリーナシート [1~2名様] 1名様 ¥10,100(税込)

▼配信でのご観覧
・一般:¥3,000(税込)
・Jam Session会員:¥2,000(税込)
※アーカイブ配信視聴期間:2020年12月10日23:59まで

▼先行予約
・Jam session会員先行予約:2020年11月11日(水) 12:00~
▼一般予約
・ブルーノート東京 INET:2020年11月14日(土) 12:00~
・ブルーノート東京 電話:2020年11月16日(月) 12:00~
(問)BLUE NOTE TOKYO 03-5485-0088

■配信プラットフォーム■
・ぴあ PIA LIVE STREAM
・e-plus streaming+
・ZAIKO

この記事をツイート

この記事の関連情報