ポール・スタンレー、エリック・カーの命日に追悼の言葉

ツイート


キッスのポール・スタンレーが、元バンド・メイト、エリック・カー(Ds)の命日である11月24日に彼を称える言葉をSNSに投稿した。

◆キッス画像

1980年にピーター・クリスの後任としてキッスに加入したカーは、バンド在籍中、心臓の癌を患い、1991年11月24日に41歳で亡くなった。1981年発表の『Music From “The Elder”( 〜エルダー〜 魔界大決戦)』から『Creatures Of The Night(暗黒の神話)』(1982年)、『Lick It Up(地獄の回想)』(1983年)、『Animalize』(1984年)、『Asylum』(1985年)、『Crazy Nights』(1987年)、『Hot In The Shade』(1989年)までキッスのスタジオ・アルバム7作に参加した。

スタンレーはこの日、「エリックは、キッスに在籍中、音楽面と精神面の両方におけるメジャー・フォースだった。優しく、誰のことも決して悪く言わない人だっただけに、彼が癌と闘わなければいけないのはよりいっそう無慈悲に思えた。穏やかな人だった。29年前のこの日、友人、ファン、家族たちの元を去った彼を称える」と追悼の言葉を上げた。



ジーン・シモンズは下を向いた顔の絵文字で想いを表し、元メンバーのブルース・キューリックは「エリック・カーが僕の人生に与えた衝撃について説明するのは難しい。キッスにおいて彼は凄くパワフルなフォースだった。彼の死は、その才能、ファンに対する愛、善良な人であろうという確固たる意志、そしてその通り善良な人だったことへの敬意と共に語られるべきだ」と偲んでいる。





Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報