ケンイシイ、<Love Parade>復活の鍵を握る応援歌「Upkick」リリース

ツイート

世界のテクノ史に深く刻まれている世紀の祭典。1989年のスタートから21世紀初頭まで世界中のファンを魅了し続けた伝説のフェス・レイヴイベント<Love Parade>。

◆ケンイシイ 関連画像

テクノ大国ドイツの首都ベルリン市内で年に一度開催され、当初は150人程度だったもののピーク時には150万人以上の参加者が街を覆い尽くし、誰もが歓喜に酔いしれるその多幸感は世界でも随一。現行シーンはもちろんのこと、それは音楽の枠組みを越え、カルチャーや思想、ファッションなどにも大きな影響を与えてきた。

そんな<Love Parade>が創始者Dr.Motteの元、ユネスコの無形文化遺産となって新たな形で復活することが明らかに。現在はすでに再興のためのプロジェクトチームRave The Planetが始動し、2022年の開催を目指している。

そして、このたび本プロジェクトの公式サポーターにケンイシイが抜擢。さらには<Love Parade>復活を支援するチャリティコンピレーション「RAVE THE PLANET: SUPPORTER SERIES, VOL.001」にケンイシイの新曲「Upkick」が収録。

今回の件に関して、ケンイシイは「<Love Parade>は1990年代中期、クラブミュージックの1ジャンルに過ぎなかったテクノが完全にオーバーグラウンドにのし上がるキッカケとなり、またそのテクノで大勢が集まって踊る『レイブ』というイベント形態が世界5大陸に瞬く間に伝播するする理由となったフリーフェスティバルだ。最盛期にはベルリンに世界中から150万人が集った。それほどのインパクトと遠心力が<Love Parade>にはあった。<Ultra>も<Tomorrowland>もこの<Love Parade>が無ければ存在し得ない。その復活プロジェクトを発案者かつ指導者である張本人 Dr. Motte が始動させた。楽しみでしょうがない。ところでこの曲『Upkick』はこのプロジェクトを推し進める非営利団体 RAVE THE PLANET へのチャリティとして提供したもの。ボク自身も1995年の<Love Parade>に昼間はクラウドとして、夜はアフターパーティの出演者として参加していたが、あの時の高揚感を思い出しながら制作した。曲にストレートなポジティブさとささやかな'90年代感があるのはそのせいだ」とコメント。

なお、「RAVE THE PLANET: SUPPORTER SERIES, VOL.001」は現在Beatportで販売中だ(https://www.beatport.com/release/rave-the-planet-supporter-series-vol-001/3238269)。

◆ Rave The Planet オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報