いきものがかり吉岡聖恵が歌う「こぶたぬきつねこ」のミュージックビデオを公開

ツイート

いきものがかりの吉岡聖恵が、童謡「こぶたぬきつねこ」の新たな物語をアニメーション化したミュージックビデオをSTEAMワークショップを通して公開した。

STEAMワークショップは、「エンタメのブカツ 2021」と「吉岡聖恵の毎日がどうよう日~家族で歌おう!~」とのコラボレーション企画。童謡『こぶたぬきつねこ』をテーマに、プログラミングや工作体験、エンタテインメントコンテンツの創作など、個性豊かな4つのワークショップをオンラインで実施している。

そのひとつである「creaBものがたりづくりワークショップ~みんなで作った物語が『こぶたぬきつねこ』のミュージックビデオになる~」では、小学1~3年生が参加し、4人1グループでこぶた、たぬき、きつね、ねこになりきり、吉岡聖恵が歌う「こぶたぬきつねこ」の曲調の変化に合わせて3つの場面で物語の展開を考案。4匹の動物が、旅先で様々なキャラクターと出会い、ハプニングに巻き込まれながらも、力を合わせて解決していく楽しい物語を作り上げた。

本ワークショップは、次世代クリエイターとソニーとのアイデア共創プログラム「U24 CO-CHALLENGE 2020」にてグランプリを受賞した伊藤詩奈さん(18歳)の作品「子供の想像・創造力を育てる絵本creaB」の考え方がベース。ワークショップには伊藤さん自身もファシリテーターとして参加し、小学生たちが楽曲からイメージを膨らませながら、自分と異なる様々な意見を受け入れ対話することで、今までにない発想が生まれる体験を楽しめるようサポートした。

このワークショップを通して出来上がった物語と世界観をもとにアニメーションで表現したミュージックビデオが完成し、YouTubeチャンネル「吉岡聖恵の毎日がどうよう日~家族で歌おう!~」および「エンタメのブカツ 2021」公式サイトにて公開された(https://youtu.be/oPxunx1o26w)。

この記事をツイート

この記事の関連情報