ダンスミュージック・ブランド「Cyber TRANCE」が再起動

ツイート

2001年5月6日に東京・六本木のクラブ「velfarre」にて産声を上げたダンスミュージック・ブランド「Cyber TRANCE」が20周年を迎えた。

◆関連動画

当時、「Cyber TRANCE」のCDシリーズは累計200万枚出荷を突破。浜崎あゆみの楽曲を海外の豪華トップ・プロデューサーたちがリミックスした『Cyber TRANCE presents ayu trance』や、恋愛バラエティ番組『あいのり』とコラボした『あいのり meets Cyber TRANCE』がリリースされるなど、ヨーロッパのユースカルチャーと日本の若者カルチャーがリアルタイムにシンクロし、社会現象ともいえる盛り上がりを見せた。2010年代、EDMと呼ばれるダンスミュージック・ムーヴメントが世界を席巻する中、「Cyber TRANCE」で活躍した、Armin van BuurenやTiestoといったDJたちも世界的スターになった。

「Cyber TRANCE」としてのイベントは2006年のvelfarre閉店時に、CDコンピレーションシリーズは2007年にそれぞれ休止し、2011年以降、3度だけ新木場ageHaにてスペシャルイベントとして復活するなどしていたが、20周年を機に今回再起動することに。新しく立ち上がったYouTubeチャンネルでは、当時の名曲たちを配信していくという。さらに、かつてのコンピレーションがそうだったように、EDM以降のビッグルーム・サウンドや最新トランスなど、厳選した“サイバーなサウンド”を紹介していくとのことだ。

この記事をツイート

この記事の関連情報