【インタビュー】MNL48新ユニットBaby Blue、HIP HOP/R&Bスタイルの新曲に「きっと愛を感じるはず」

ツイート

■チャレンジだったのがハーモニー
■楽しんでトライできました

──そして4月21日にリリースされたニューシングル「Stuck On You」は、前2作と異なる仕上がりのスウィートなラブソングですね。

コリーン:聴く人をインスパイアするラブソングです。

エイミー:ボーイフレンドやガールフレンドがいない人でも、きっと愛を感じるはず。

ジャン:これまでのBaby Blueがリリースした曲の中で、一番自分たちのスタイルとか好みに合ってるよね。

コリーン&エイミー:そうだね。

▲Jan(ジャン)

──レコーディングは順調でしたか?

ジャン:ちょっとしたチャレンジだったのが“ハーモニー”ですね。でも、楽しんでトライできました。

コリーン:3人各々が違ったトーンで違った旋律を歌うのは、初の試みだったので。それにコロナの影響で3人が別々にレコーディングをしなければならなかったりもしましたが、私たちのスタイルに合ったとても好きな曲なので、制作に集中することができました。

──“別々に”というのはスタジオでのレコーディング? それともリモートで?

ジャン:スタジオで同じ場所に3人ともいましたが、歌う時はそれぞれ別だったんです。

──なるほど。Baby Blueはデビューシングル「Sweet Talking Sugar」を2020年9月にリリース、続く2ndシングル「NEGASTAR」を同年11月、そして3rdシングルとなる今作「Stuck On You」の全3作品をコロナ禍の中でリリースされていますよね。活動する上で難しい局面が多くあったのではないでしょうか?

コリーン:私たちはすべての作業をロックダウン前に終えられていたので、ストレスもなく終始楽しんで作業できました。ただ、現在もマニラはロックダウン中なので、プロモーションも、ファンとの交流も難しいんです。そのなかで、オンラインでミュージックビデオ公開やライブストリーミング配信をできているという状態です。

ジャン:「Stuck On You」も残すはミュージックビデオを撮るだけなのですが、今はとても撮影できる状況ではないので……。



──日本でも現在、東京、大阪などの地域で三度目の緊急事態宣言が発出されていますが、マニラはどんな状況ですか?

エイミー:フィリピン政府は外出を厳しく制限しているので、許可証がないと外を歩くことはできません。

コリーン:感染者数は増加していますし、外出するには安全ではない状況です。特に18歳以下は外出を許されていません。でもそうした政策は私たち国民を守る上で良いものと捉えています。

ジャン:ロックダウンの期日延長をする動きもあるようです。今の状況では旅行はもちろん、私たちが日本へ行くこともできません。だからオンラインで活動するしかないんです。

──2020年2月以降、日本では多くの有観客コンサートが開催できずに中止や延期を強いられていますが、フィリピンのライブ事情はどうですか?

ジャン:同じです。2020年3月15日から最初のロックダウンが始まって、これまでに日本のアーティストのコンサートがキャンセルになってしまったものもありました。私たち自身の活動でもキャンセルになってしまったものもありますし。

──SNSで多くのフォロワーをもつ3人ですが、コロナ禍においてSNSは音楽を伝えるための最良のツールだと思いますか?

全員:そう思います。

コリーン:私たちは音楽やパフォーマンスでファンと繋がっていますが、SNSを通じてたくさんのメッセージをもらったりもしているんですね。プロモーション活動は、私たちのこと、そしてBaby Blueの音楽を知ってもらうためにとても大切で、それにはソーシャルメディアがとても重要。人との交流にも音楽を伝えるためにも欠かせないツールです。

ジャン:SNSは交流に欠かせないベストなグローバルメディア。国際的に活躍したいならSNSで活動すればいいと思います。パンデミックの今も私たちは音楽でファンと繋がっていますし、フィリピン、日本はもちろんのこと、世界中の人たちにBaby Blueの音楽を聴いて欲しいんです。

▲3rdシングル「Stuck On You」

──「Stuck On You」をはじめとする楽曲は全編英語の歌詞ですしね。

ジャン:はい。ただ、英語は話せますが、実はまだ日本語が上手に話せないという……(笑)。

コリーン:日本語を学ぶために日本へ行きたいくらい(笑)。でも本当ならば、昨年Baby Blueとして日本でプロモーションする予定があったんです! でも、それもコロナで行けなくなってしまいました……。

──それは残念。これまで来日したことは?

ジャン:コリーンとエイミーは行ったことがありますが、私はまだなくて。

コリーン:渡航できるようになったら、Baby Blueとしてすぐに飛んで行きます! それに、MNL48の曲が主題歌になった映画『セイキマツブルー』の公開に合わせて来日する予定もあるんです(※現在、映画は公開延期中)。日本が大好きだし、オニギリも食べたいから早く行きたい!

──オニギリ?

コリーン:ツナマヨのオニギリが大好きなんです(笑)。あとお餅も大好き!

ジャン:お団子も! あと何かで見たんだけど、ブルーラーメンっていうのを食べてみたい。

コリーン:何それ(笑)? でも、私たちBaby BlueだからBlue Ramenを食べるっていうのはありだね(笑)。

◆インタビュー【3】へ
◆インタビュー【1】へ戻る
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報