【ライヴレポート】LUNA SEA、ガーデンシアター3DAYS 2日目「32年目、これからも一緒に旅をしましょう」

ツイート

<LUNA SEA 30th Anniversary CROSS THE UNIVERSE -THE DAWN->2日目の5月29日は、LUNA SEAの結成記念日。本来ならば1年前の今日を3DAYSの初日として、盛大に30周年を祝うはずだったことを思い返せば、まさしくリベンジマッチというべきライヴだ。観客の多くは1年間チケットを握りしめてこの日を待っていたうえに、この状況下で記念日を祝えることも奇跡に近い。ひときわ熱い想いが、東京ガーデンシアター(有明)を満たしていた。

◆LUNA SEA 画像

開演予定時刻である17時に恒例の手拍子が巻き起こるなか、暗転とともに荘厳なクワイアを盛り込んだSEが響き渡る。さいたまスーパーアリーナからのこのオープニングは、アルバム『CROSS』をイメージしたものだろうか。稲妻のレーザーが壁を走る演出も相まって、メンバーが登場──というより“降臨”とでも言いたくなる空気に、固唾を呑んでステージを見つめてしまう。

今夜も、感染予防対策として換気休憩を挟んだ2部構成。先に述べてしまえば、初日と同様、第1部が『CROSS』を中心とした近年の楽曲、第2部が終幕前の楽曲というバランスのセットリストになっていた。感染予防が先にあって考えられたのだろうが、結果的にこの2部構成は、LUNA SEAの進化と歴史をわかりやすく体感できる名案だと思う。最新曲と往年のキラーチューンが混ざり合って化学反応を起こすおもしろさもあるけれど、やはり“今”のLUNA SEAのグルーヴを堪能できるのは近年の楽曲の醍醐味。第1部は、全員50代に突入した5人のテクニックと飽くなき音楽的探究心を心ゆくまで味わえる時間だった。


ライヴは『CROSS』の1曲目でもある「LUCA」からスタート。真矢が鳴らす力強いマーチングのリズムとJのドライヴ感溢れるベースラインが牽引し、キラキラと輝くINORANのアルペジオ、SUGIZOのロングトーンが華を添える。RYUICHIの歌声は、連日のライヴとは思えないほど伸びやかだ。ガーデンシアターは客席とステージの距離が近いため、5人の音がそれぞれ際立って、よりリアルに聞こえる。

温かな幕開けに包まれたあと、「Closer」でソリッドなロックサウンドに切り返し、「You’re knocking at my door」ではグランジ色の強いざらついたギターリフとグルーヴィーなテンポで会場を揺らしていく。過度な装飾は控えて主に5人の音だけで作り上げられ、“The LUNA SEA”というべき感触なのにもかかわらず、1曲ごとに色が変わるのが『CROSS』の凄さだと再確認した。特に、演奏されるたびに存在感を増しているのが「PHILIA」。カラフルな照明で彩られたサイケデリックな冒頭から、RYUICHIの悲痛な絶叫、Jが奏でるピアノが響く優しいパートまで、同じ曲とは思えないドラマチックな世界がますます深まっていて魅了された。



MCでは、「ここからまた10年頑張ろうね、なんて話してました」という嬉しい言葉から、「でも、ちょっと待って、10年経ったらいくつになってるの!?」とRYUICHIが笑いを呼ぶ一幕も。いまや恒例となった和やかな表情も、LUNA SEAの多面性のひとつだ。

ミラーボールの光に照らされ、会場が宇宙と化した「宇宙の詩 -Higher and Higher-」の開放的な音像から、淡々と地を這うようなベースが導く「anagram」へ繋ぎ、次はアルバム『LUV』からダンサブルな「BLACK AND BLUE」へ。5人の個性であらゆるジャンルを咀嚼し、ポップさもダークさも噛み砕いた今だからこそ描ける多彩なロックに酔いしれる。

オーディエンスのジャンプやシンガロングがキモとなる「BLACK AND BLUE」がセットリストに組み込まれたのは正直意外だったけれど、楽曲の持つ多幸感は驚くほど色褪せない。メンバーが歌う“ラララ~”のメロディとハンドクラップだけで、会場は凄まじい一体感を見せていた。そんな光景を見つめながら、RYUICHIは「町田プレイハウスから歩き出して、早32年も時が経っているということで。たくさんの経験ができたし、まだまだ足りない何かがあるし。過去も未来も、僕たちの歴史、足跡でしっかり埋め尽くしていきたいなと思ってます」と語り、そのまま包容力溢れる「悲壮美」で第一部を終えた。



そして、前述したとおり終幕前の楽曲で構成される第2部。エレクトロアレンジを加えた「月光」から始まったのは、アルバム『STYLE』のオープニングナンバー「WITH LOVE」。さいたまスーパーアリーナでは『MOTHER』の1曲目「LOVELESS」から始まり、この3DAYS初日は『LUNACY』の1曲目「Be Awake」からだった。ということは、これから始まるツアーも2部構成ならば、もしかしたらあの曲も聴けるかも?と勝手な期待に胸が膨らむ。

そこからは、「Déjàvu」「STORM」と、LUNA SEAのアグレッシヴサイドが覚醒。ギターソロを弾くSUGIZOにRYUICHIが寄り添ったり、Jが客席を指差して頷いたり、INORANがドラム台に上って行ったりと、パフォーマンスもいっそう熱が高まっていく。

「IN SILENCE」で爽やかな風を吹かせ、「I for You」をじっくり聴かせたあとは、灼熱の「ROSIER」がラストスパートに追い打ちをかける。時代を超えて愛され続け、進化してきた名曲たちの威力もまた、最新曲たちに負けてはいない。INORANが積極的にコーラスを担うなど、近年ならではのアレンジも効いている。いつものシンガロングができずとも、脳内再生はばっちりだ。変わらずにオーディエンスを煽り、そのたびに胸に手を当てていたRYUICHIにも、全員の心の声がきっと届いていたに違いない。Jのマイク投げが華麗にキマり、熱狂が頂点に達するなか、RYUICHIの「もういっちょいこうかー!」のコールから、「BELIEVE」で本編フィナーレを迎えた。



配られたブルーのシートを貼り付けたスマホライトを観客が掲げ、青い光が会場を埋め尽くしたアンコール。自らも青いスマホライトを振りながら登場したSUGIZOが生声で「ありがとう!」と叫び、フロントワーカーへの感謝の言葉とともに「Make a vow」が贈られる。ギター&ヴォーカルスタイルのRYUICHIが穏やかなメロディを歌い、SUGIZOがギターソロ中に深々とおじきをするなど、一音一音に誠実な想いが宿っていた。

メンバー紹介タイムでは、真矢がドラムソロばりのプレイを響かせたあと、Jが「声は出せないけど、心の声は聞こえたよね。どうもありがとう!」と語り、INORANも「みんな来てくれて、僕らをここに立たせてくれて、ほんとにほんとにどうもありがとう。LUNA SEAが32歳を迎えられて、ほんとに幸せ者です!」と感極まった様子を見せる。SUGIZOは「ほんとにどうもありがとう。我々に音楽は必要です。音楽を止めずに、LUNA SEAの32年目、これからも一緒に旅をしましょう」と力強く宣言。INORANとSUGIZOに交互にコールされたRYUICHIは「愛してます!!」と締め括った。


続く「WISH」で会場全体が明るい照明で照らされると、ステージ上にも客席にも笑顔が溢れていた。未だ先行きが見えない情勢のなか、何度も歌われてきた「I WISH」=「願う」という言葉がかつてなく胸に響く。未来への切なる願いを重ね合わせ、まさに大団円というムードでフィナーレ──と思いきや、ステージ上で何やらセッティングが。SUGIZO&INORANが椅子に座るかたちで奏でられたのは、LUNA SEAの歴史の節目を彩ってきた祈りの曲「MOTHER」だった。

まばゆい光景も、ハードな側面も、ポップな顔も見せ、キラーチューンで存分に盛り上げたラストに、静謐なバラードで幕を閉じてみせたLUNA SEA。32年目の第一歩は、おめでたいだけのお祭り騒ぎではなく、むしろストイックさを感じるほど、彼らの固い覚悟を改めて示すものとなった。ここから明日へ、さらに6月から始まるツアーへと続いていく旅の始まり。その道は決して平坦ではないはずだけれど、それでも「未来へ進む」と決意したLUNA SEAの音楽は、これからもたくさんの人々の希望となって羽ばたいていくに違いない。

取材・文◎後藤寛子
撮影◎田辺佳子/横山マサト/岡田裕介/上溝恭香

■<LUNA SEA 30th Anniversary CROSS THE UNIVERSE -THE DAWN->2021年5月29日(土)@東京ガーデンシアター(有明) セットリスト

[第1部]
01. LUCA
02. Closer
03. You’re knocking at my door
04. PHILIA
05. 宇宙(そら)の詩(うた)~Higher and Higher~
06. anagram
07. BLACK AND BLUE
08. 悲壮美
[第2部]
01. WITH LOVE
02. Dejavu
03. STORM
04. IN SILENCE
05. I for You
06. ROSIER
07. BELIEVE
[encore]
01. Make a vow
02. WISH
03. MOTHER

■<LUNA SEA 30th Anniversary CROSS THE UNIVERSE -THE DAWN->2021年5月30日(日)@東京ガーデンシアター(有明) セットリスト

[第1部]
01. LUCA
02. Closer
03. Pulse
04. PHILIA
05. 宇宙(そら)の詩(うた)~Higher and Higher~
06. 静寂
07. Hold You Down
08. THE BEYOND
[第2部]
01. JESUS
02. DESIRE
03. TRUE BLUE
04. IN MY DREAM
05. I for You
06. ROSIER
07. TONIGHT
[encore]
01. Make a vow
02. WISH
03. so tender...

■<LUNA SEA 30th Anniversary CROSS THE UNIVERSE -THE DAWN->2021年5月28日(金)@東京ガーデンシアター(有明) セットリスト

[第1部]
01. LUCA
02. Closer
03. Pulse
04. PHILIA
05. 宇宙(そら)の詩(うた)~Higher and Higher~
06. 静寂
07. Hold You Down
08. THE BEYOND
[第2部]
01. Be Awake
02. The End of the Dream
03. SHINE
04. gravity
05. I for You
06. ROSIER
07. TONIGHT
[encore]
01. Make a vow
02. BELIEVE
03. WISH

◆【ライヴレポート】LUNA SEA、ガーデンシアター3DAYS 最終日へ
◆【ライヴレポート】LUNA SEA、ガーデンシアター3DAYS 初日へ



■<LUNA SEA 30th Anniversary CROSS THE UNIVERSE -THE DAWN- LIVE STREAMING from TOKYO GARDEN THEATER>

2021年5月30日(日) 16:00開演
アーカイブ期間:生配信終演後~6月2日(水)23:59
配信視聴チケット:¥5,500(税込)+各社手数料
視聴チケット購入、詳細:
・Streaming + https://eplus.jp/lunasea-s/
・ZAIKO(全世界対応) https://lunasea.zaiko.io/e/THEDAWN


■<LUNA SEA 30th Anniversary Tour 20202021 -CROSS THE UNIVERSE-> ※振替公演

▼福岡サンパレス ※延期
2020年3月21日(土)→振替日程:2021年6月12日(土) 開場17:00/開演18:00
2020年3月22日(日)→振替日程:2021年6月13日(日) 開場15:00/開演16:00
▼松山市民会館 大ホール ※延期
2020年4月11日(土)→振替日程:2021年6月26日(土) 開場17:00/開演18:00
2020年4月12日(日)→振替日程:2021年6月27日(日) 開場14:00/開演15:00
▼札幌文化芸術劇場 hitaru ※延期
2020年5月09日(土)→振替日程:2021年7月03日(土) 開場17:00/開演18:00
2020年5月10日(日)→振替日程:2021年7月04日(日) 開場15:00/開演16:00
▼名古屋国際会議場センチュリーホール ※再延期
2020年5月14日(木) →再延期・振替日程:2021年7月17日(土) 開場17:00/開演18:00
2020年5月15日(金) →再延期・振替日程:2021年7月18日(日) 開場15:00/開演16:00
▼南相馬市民文化会館ゆめはっと大ホール ※再延期
2020年3月14日(土)→再延期・振替日程:2021年7月31日(土) 開場17:00/開演18:00
2020年3月15日(日)→再延期・振替日程:2021年8月01日(日) 開場15:00/開演16:00
▼宇都宮市文化会館大ホール ※再延期
2020年2月27日(木)→再延期・振替日程:2021年9月01日(水) 開場17:30/開演18:30
2020年2月28日(金)→再延期・振替日程:2021年9月02日(木) 開場17:30/開演18:30
▼仙台サンプラザホール ※再延期
2020年4月25日(土)→再延期・振替日程:2021年10月02日(土) 開場17:00/開演18:00
2020年4月26日(日)→再延期・振替日程:2021年10月03日(日) 開場15:00/開演16:00
▼上野学園ホール(広島県立文化芸術ホール) ※再延期
2020年3月28日(土)→再延期・振替日程:2021年10月23日(土) 開場17:00/開演18:00
2020年3月29日(日)→再延期・振替日程:2021年10月24日(日) 開場15:00/開演16:00
▼大阪国際会議場メインホール ※再延期
2020年4月04日(土)→再延期・振替日程:2021年11月29日(月) 開場17:00/開演18:00
2020年4月05日(日)→再延期・振替日程:2021年11月30日(火) 開場17:00/開演18:00
▼本多の森ホール(旧石川厚生年金会館) ※再延期
2020年3月07日(土)→再延期・振替日程:2021年12月04日(土) 開場17:00/開演18:00
2020年3月08日(日)→再延期・振替日程:2021年12月05日(日) 開場15:00/開演16:00
▼神戸国際会館こくさいホール ※再延期
2020年5月02日(土)→再延期・振替日程:2021年12月20日(月) 開場17:00/開演18:00
2020年5月03日(日)→再延期・振替日程:2021年12月21日(火) 開場17:00/開演18:00
ツアー詳細: https://www.lunasea.jp/news/LUN_news_crosstour2021

この記事をツイート

この記事の関連情報