写真家のAtsuko Tanakaが日本の新鋭ラッパー14名のリアルを収めた写真集「SHOSHINSHOMEI -正真正銘-」リリース

ツイート

90年代からニューヨークを中心に数多くのヒップホップアーティスト達の姿を捉えてきたフォトグラファー、Atsuko Tanakaが、日本の新鋭ラッパー14名のリアルを収めた写真集「SHOSHINSHOMEI-正真正銘-」を2021年6月30日(水)に発売する。

◆Atsuko Tanaka 関連画像

ニューヨークのブロンクスでヒップホップが誕生して約50年。その後、アメリカを起点に世界中の若者の心を魅了し、現在では世界各地で独自のヒップホップ文化が形づくられている。一方、日本では80年代半ばにヒップホップが盛り上がるも、文化として根付いたとは言い難かった。しかし、現代では幼い頃からリアルなヒップホップを聴いて育った子たちが、そこに近年のグローバル化、音楽のデジタル化、SNSの発達、さらに独特の海外の文化を日本人独特の研磨力で洗練させたことで、日本のヒップホップは世界中から注目される独自のカルチャーへと成長を遂げた。

今後さらに大きくなることは間違いない日本のヒップホップカルチャー。その今を、世界中に発信するため、日本のヒップホップシーンを代表する若手ラッパーたち14名にフォーカスを当て、彼らの音楽活動、制作過程、日常を捉えたリアルな写真集がついに完成した。ぜひご覧いただきたい。

Atsuko Tanaka コメント

写真家歴約30年で初のソロ写真集です。私は、10代で本場アメリカのヒップホップに魅了され、90年代中頃からニューヨークのラッパーたちをメインに撮ってきました。今のジャパニーズヒップホップシーンの盛り上がり方が、90年代後半から2000年代にかけてメインストリームにのし上がっていったアメリカのヒップホップシーンと重なるように感じて、「これは写真集として形に残さねば!」という想いが膨れ上がっていきました。そして自ら企画書を作り、コンタクトを取って、皆さんの撮影をさせていただきました。ラッパーたち、そしてシーン自体が今後どのように変化を遂げていくのかわかりませんが、歴史の大事な一コマを捉えた写真集として、末長く愛される本になるといいなと願ってます。

「SHOSHINSHOMEI -正真正銘-」

2021年 6月30日(水)
著者:Atsuko Tanaka
発行:SPACE SHOWER NETWORKS INC.
発売:TWO VIRGINS Co.,Ltd.
サイズ:天地 253 ミリ×左右 215 ミリ A4 変
ページ数:128p
販売価格:4,400円(税込)
販売:全国の書店及びインターネット流通にて https://www.amazon.co.jp/dp/4908406103/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%8 2%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E6%AD%A3%E7%9C%9F%E6 %AD%A3%E9%8A%98+Atsuko+Tanaka&qid=1622806393&s=books&sr=1-1

[掲載アーティスト]
JP THE WAVY / WILYWNKA / ¥ellow Bucks / OZworld / MIYACHI / LEX / Red Eye / Hideyoshi / Leon Fanourakis / ralph / AKKO GORILLA(あっこゴリラ)/ week dudus / Charlu / Tsubaki (椿) ※順不同

◆Atsuko Tanaka オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報