氷川きよし、アルバム『南風吹けば』より2作品を配信リリース

ツイート

氷川きよしが6月22日に「そこまで春が…」、6月29日に「星空のメモリーズ」を配信リリースすることが決定した。

◆ジャケット画像

この2曲は、6月8日にリリースされた最新アルバム『南風吹けば』の収録曲。本作からの配信シングルカットは初となる。

また、『南風吹けば』がオリコン週間アルバムランキング(6月21日付)で4位を獲得したことも発表された。氷川の新作アルバムとして37作目のTOP10入りとなり、自身の記録を更新した。男性ソロとしては矢沢永吉(55作)、長渕剛(40作)に次ぐ歴代3位。新作アルバムで2001年から21年連続TOP10入りしており、ソロとしては松任谷由実(30年連続)に次ぐ歴代2位、男性ソロとしては歴代1位を継続更新している。

▲氷川きよし/「そこまで春が…」

▲氷川きよし/「星空のメモリーズ」

氷川きよし コメント

ニューアルバム「南風吹けば」が非常に好調ということでとても嬉しく思います。この作品は2021年、令和3年を感じて作らせていただいた作品となっています。この困難な時代に、少しでも人の気持ちに寄り添う、希望を感じられる作品、アルバムになればと思って作りました。
このアルバムから「そこまで春が…」と「星空のメモリーズ」を配信シングルカットとしてリリースすることになりました。東日本大震災から10年。この「そこまで春が…」でこの10年の想いというものを少しでも歌い手として伝えることができたらいいなと思います。また「星空のメモリーズ」は、10年20年後も歌える、大人の歌謡曲です。皆さんにも是非聴いて、歌っていただきたい一曲です。ぜひ、たくさん聴いていただければと思います。

氷川きよし

配信リリース情報

「そこまで春が…」
2021年6月22日(火)配信リリース
COKM-43318

「星空のメモリーズ」
2021年6月29日(火)配信リリース
COKM-43319

この記事をツイート

この記事の関連情報