アジカン、新曲「エンパシー」が劇場版「ヒロアカ」主題歌に

ツイート


8月6日(金)公開の映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』主題歌に、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの新曲「エンパシー」が起用された。

「僕のヒーローアカデミア」は2014年7月、堀越耕平が「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にて連載を開始して以来、既刊30巻のコミックスシリーズ、世界累計発行部数は5000万部を突破、さらにこれまでTVアニメ第1期~4期が放送され現在TVアニメ第5期が放送中だ。映画シーンにおいても、2018年夏にアニメ劇場版第1作目『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄(ヒーロー)〜』が公開され、興行収入17.2億円を、2019年冬公開の第2作目『僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE ヒーローズ:ライジング』では前作を越える興行収入17.9億円を記録している。



主題歌である新曲「エンパシー」は、the chef cooks meの下村亮介が共同プロデュースとしてアレンジにも携わっており、楽曲は、本日公開された予告編と特報で一部聴くことが出来る。なお、楽曲の発売日は未定とのこと。

  ◆  ◆  ◆

【ASIAN KUNG-FU GENERATION/後藤正文(Vo./Gt.) コメント】
「みんなちがってみんないい」みたいな言葉はとても美しいけれど、自分の個性についての悩みは尽きないですよね。
デクたちの成長を見ると、ヒーローたちにもそれぞれの悩みがあるんだなって思います。ヴィランとだけじゃなくて、それぞれ自分と戦っている。そんな彼らの姿に勇気をもらいながら、主題歌を書きました。素敵な映画に参加できて光栄です。

──ASIAN KUNG-FU GENERATION 後藤正文

  ◆  ◆  ◆





この記事をツイート

この記事の関連情報