『サマー・オブ・ソウル』、公開日決定&場面写真一挙解禁

ツイート

今年2021年1月に開催されたサンダンス映画祭のオープニング作品として上映され、熱狂的な賛辞とともにドキュメンタリー部門審査員大賞と観客賞をW受賞した映画『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』が2021年8月27日(金)にウォルト・ディズニー・ジャパン配給にて劇場公開となる。

◆『サマー・オブ・ソウル』 関連動画&画像


この度本作の公開日が決定、あわせて場面写真一挙9点が解禁となった。

1969年、あのウッドストックと同じ夏、NYで30万人を集めたもう一つの大規模フェスがあった。若きスティーヴィー・ワンダーやB.B.キング、ゴスペルの女王マヘリア・ジャクソンとメイヴィス・ステイプルズ、当時人気絶頂のスライ&ザ・ファミリー・ストーンなど、全米ヒットチャートを席巻していたブラック・ミュージックのスターが集結した幻の音楽フェス“ハーレム・カルチュラル・フェスティバル”。しかし、その存在は50年間封印されていた……いまこの瞬間まで。

▲Mavis Staples & Mahalia Jackson
▲B.B.King
▲The Fifth Dimension
このフェスティバルの全貌をパワフルなドキュメンタリー映画として蘇らせたのが、4度のグラミー賞受賞者であり、「ザ・ルーツ」のドラマー/DJとして世界的人気を誇るアミール“クエストラブ”トンプソン。初監督作でありながら、一秒たりとも目を離せない見事な編集と演出力を披露し、サンダンス映画祭を熱狂の渦に巻き込んだ。クエストラブは、至高のライブパフォーマンスの数々と、生きたアメリカ現代史ともいえる貴重な記録映像を見事に織り込み、誇りと希望に満ち溢れたメッセージを観る者に投げかける。

▲Nina Simone
▲Gladys Knight & The Pips
▲Hugh Masekela
今回到着した場面写真では、伝説のスーパー・アーティストたちによる50年前の奇跡のパフォーマンス姿が切り取られている他、会場に詰めかける観客たちの姿や、カラフルでエネルギッシュなフェス会場全体の様子が分かるものが到着。パワフルで躍動感あふれる彼らの表情からは当時の熱気が伝わってくるようだ。さらに、ライブパフォーマンスのみならず、当時のファッション、カルチャーを垣間見ることができる貴重な画像となっている。

政治・文化・ファッション・生き方……すべてが変わった激動の時代。確かに音楽が人々の心を動かし、一つにした様子を歴史に刻みこんだ本作。現代を生きる私たちが忘れかけていた、本当の自由、尊厳、生きる喜びが映し出されるその様に、誰もが心を奪われずにはいられないはずだ。2021年の今だからこそ絶対に見逃せない、今年最高の一大ドキュメント作品と言えるだろう。

▲Abbey Lincoln


『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』

監督:アミール・“クエストラブ”・トンプソン
出演:スティーヴィー・ワンダー、B.B.キング、ザ・フィフス・ディメンション、ステイプル・シンガーズ、マヘリア・ジャクソン、ハービー・マン、デヴィッド・ラフィン、グラディス・ナイト・アンド・ザ・ピップス、スライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーン、モンゴ・サンタマリア、ソニー・シャーロック、アビー・リンカーン、マックス・ローチ、ヒュー・マセケラ、ニーナ・シモンほか
原題:SUMMER OF SOUL (OR, WHEN THE REVOLUTION COULD NOT BE TELEVISED
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン  (C)2021 20th Century Studios. All rights reserved.
北米公開:2021年7月2日(劇場/Hulu同時公開)

◆サーチライト・ピクチャーズ オフィシャルサイト
◆サーチライト・ピクチャーズ Facebook
◆サーチライト・ピクチャーズ Twitter
◆サーチライト・ピクチャーズ Instagram
この記事をツイート

この記事の関連情報