休日課長、6ヶ月半で16kg減量「ミュージシャンもアスリートと似ている」

ツイート

ベーシストとして活躍する休日課長(ゲスの極み乙女。、DADARAY、ichikoro)が6ヶ月半で16kgの減量をおこない、その様子が「アスリートプログラム」のYouTubeチャンネルにて本日22日より公開された。

今回の試みは休日課長の人間ドックの結果が悪かったことがきっかけで、川谷絵音がアスリートプログラムの岩佐代表に「課長を健康にしてほしい…」と相談したことがきっかけ。2020年8月の段階で体重97.6kgからのスタートだった。

アスリートプログラムはその名の通りアスリートのために開発されたプログラム。参加した休日課長は食事管理・キュアトリートメント・パーソナルトレーニングなどを受け、2021年3月の段階では体重81.3kgと16.3Kg減を達成している。

動画では休日課長が「ミュージシャンとしてのパフォーマンスも上がり、体のメンテナンスとしても良好な結果を得ることができた。ミュージシャンもアスリートと似ていると思う。自分もこの取り組みを発信するお手伝いがしたい」とコメント。また、減量に伴い、ライブを見たファンやSNSから「課長が痩せた」という反響も上がっていた。

今後、アスリートプログラムでの動画公開は全5動画に及ぶ予定。

■休日課長が取り組んだメニュー

▼アスリートプログラムが行ったこと
・健康状態把握のための栄養採血
・キュアトリートメント
(アロママッサージを中心に筋膜トリートメント、リンパドレナージュ、経絡マッサージ、美容整体、操体法、生理学などの知識と技術を合したトリートメント法)
・パーソナルトレーニング
・自宅でのストレッチ・時折エアロバイク
(浴槽でお湯をためている間に、その中で犬猫ストレッチのポーズ・朝の簡単なストレッチなど)
・食事管理について:自然と選ぶ食材や食べものが変わってきた。
(精製された白いものは控える ※例:白い砂糖・小麦粉・白米など)

2020年春にスタートした、世界を目指すアスリートを支援するためのプログラム。医学的見地でアスリートのパフォーマンスに影響する不足した栄養素を調べ食事の改善をし、プライベートジムでのトレーニング、独自技術のキュアトリートメントを行い体を整え、競技のためのベストコンディションを目指すプログラム。現在ナグモクリニックで医療サポート、キュアトリートメントサロン レミュー、メンズラクシアでメンテナンス、ダンドエーでトレーニングで施術しており、今後もアスリートを支援していただける企業・スポンサーを探している。
この記事をツイート

この記事の関連情報