癌闘病中のマーク・ホッパス「化学療法が効いてる!」

ツイート

癌闘病中で、先週、「生きるか死ぬかを見極める可能性が高い検査を受ける」と伝えていたブリンク182のマーク・ホッパス(Vo,B)が、月曜日(7月19日)、検査結果が良好だったとの朗報をもたらした。

◆ブリンク182画像

ホッパスは、「スキャンが、化学療法が効いていることを示した! まだこの先数ヶ月、治療を続けるけど、考えられる限り最良の知らせだ。すごく感謝し、混乱もしているし、さらには先週の化学療法のせいで気持ち悪い。でも、医師たちが僕に注入した毒と僕の周りにいる人たちからの優しい思い、願いはこの癌を破壊しつつある。ただ闘い続ける…」とのメッセージをSNSに投稿した。



ホッパスは先週、ステージ4Aのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫だと明かし、水曜日(14日)にこれまでの化学療法が功を奏しているか判断する検査を受けると報告していた。そのとき、「明日行って、 “おめでとう! 化学療法が効いた。終わりだ。もう一生心配ない”って言われるのが理想だ。それを願っているよ。“効いているようだ”ってなったら、あと3回化学療法を受けるんだと思う。“希望していたほど上手く行ってない”って言われたら、別のオプションについて話さないと。骨髄移植になるんだと思う」と話していた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報