【ライブレポート】GENIC、1stツアー完走「僕たちに出会ってくれてありがとうございます」

ツイート

GENICが7月25日、東京・ヒューリックホール東京にて<GENIC LIVE TOUR 2021 -GENEX->の最終公演を開催した。

◆ライブ写真

本来2020年に開催予定だった公演は、コロナの影響を受けて中止に。今回のツアーは、まさしくファンが待ち焦がれた1stツアーとなり、“GENICをお届けする”という意味を込めたツアータイトル“GENEX”を掲げて全国4箇所を回った。

最終公演当日、GENICは白とグレーで統一された新衣装で登場し、小池竜暉と西澤呈が作詞・作曲を手掛けた「UPDATE」からスタート。


前半パートでは、GENICが誕生した育成プロジェクト「a-genic PROJECT」の頃の思い出深い楽曲「READY GO」や「夏恋」を披露し、MCでは西澤呈が独自のコールアンドレスポンスをファンにレクチャーし会場を温めた。

また事務所の先輩・AAAの「Wake up!」や、Da-iCEの「恋ごころ」、高野洸の「WARNING」、lol-エルオーエル-の「trigger」のカバーメドレーも披露し、ファンは声が出せないものの拍手や体を揺らしたり、込み上がる気持ちを思い思いにカタチにし盛り上がっていた。

ライブ後半には、6月30日にリリースした「Shaky Shaky」を披露。そしてGENICとして初の配信シングル「SUN COMES UP」で本編を締めくくった。

アンコール最後の挨拶では、「今この瞬間を皆さんと過ごせていることが本当に幸せです」「僕らまだまだ頑張りますので、これからもついてきてください!」「僕たちに出会ってくれてありがとうございます。これからも皆さんに寄り添えるようなグルーブでありたいと思います」と思いを語った。


なお、各サイトでは「Shaky Shaky (JOE Shakin' Remix)」の配信がスタート。こちらは6月30日にリリースされた楽曲のリアレンジから打ち込みまで西澤呈が手がけたリミックス楽曲となっている。

■DIGITAL SINGLE「Shaky Shaky (JOE Shakin' Remix)」


▲「Shaky Shaky (JOE Shakin' Remix)」

2021年7月26日(月)リリース
https://genic.lnk.to/ShakyShakyRemix

この記事をツイート

この記事の関連情報