【俺の楽器・私の愛機】405「初恋のギター」

ツイート

【フェンダージャズマスター】(奈良県奈良市 ますたろう 53才)


いつも楽しく拝見しております。

私がこのギターに初めて出会ったのは4年前、百貨店の楽器売り場でした。ギターを初めてみようといろんな楽器屋さんを回った中、カッコいい!欲しい!と思ったのがこのギターでした。が、初めてのギターには少し良すぎるかなと思い、安めのギターを別の店で購入しました。

4年が過ぎてたまたまその百貨店に立ち寄ったのですが、同じギターがあったので、このギターはいつも入荷するのですか?と聞いてみると、長年主人が決まらないとの事、価格も4年前より下がっており、私の一目惚れの経緯も聞いて頂いてさらに安くして頂き運命を感じて本日購入しました。

高嶺の花の初恋の人と再び会う感じでしょうか。ピックガードは白からこの柄に変えてあるとの事、白のピックガードなら欲しくなってなかったと思います。今日から楽しみです。

   ◆   ◆   ◆

「初恋のギター」だなんて、シンプル&ストレートなタイトル過ぎてドキッとする。でもまさしくタイトル通りのギターなんですね。なんだかなかなか出会えないステキな経験で羨ましい。ピックガードの色ひとつで歴史が違ったであろうことも、まるで映画のワンシーンのよう。(JMN統括編集長 烏丸)

★皆さんの楽器を紹介させてください

「俺の楽器・私の愛機」コーナーでは、皆さんご自慢の楽器を募集しています。BARKS楽器人編集部までガンガンお寄せください。編集部のコメントとともにご紹介させていただきますので、以下の要素をお待ちしております。

(1)投稿タイトル
 (例)必死にバイトしてやっと買った憧れのジャガー
 (例)絵を書いたら世界一かわいくなったカリンバ
(2)楽器名(ブランド・モデル名)
 (例)トラヴィス・ビーン TB-1000
 (例)自作タンバリン 手作り3号
(3)お名前 所在 年齢
 (例)練習嫌いさん 静岡県 21歳
 (例)山田太郎さん 北区赤羽市 X歳
(4)説明・自慢トーク
 ※文章量問いません。エピソード/こだわり/自慢ポイントなど、何でも構いません。パッションあふれる投稿をお待ちしております。
(5)写真
 ※最大5枚まで

●応募フォーム:https://forms.gle/XX72yo6Ph3BwqQHE9

◆【俺の楽器・私の愛機】まとめページ
この記事をツイート

この記事の関連情報