映画『余命10年』、音楽はRADWIMPS

ツイート

RADWIMPSが、2022年春に公開される映画『余命10年』の音楽を担当することが発表された。

◆映画『余命10年』超特報

『余命10年』は、小坂流加による同名の恋愛小説が原作の実写映画。『新聞記者』(2019年)や『ヤクザと家族 The Family』(2021年)の藤井道人監督がメガホンをとり、岡田惠和と渡邉真子が脚本を担当する。

RADWIMPSが実写映画の音楽を手がけるのはこれが初となる。野田洋次郎(Vo,G,Pf)と藤井道人監督は次のようにコメントしている。

   ◆   ◆   ◆

■RADWIMPS 野田洋次郎(Vo,G,Pf)コメント

この度、映画『余命10年』の劇伴音楽をつとめさせて頂きました。
はじめて実写映画での劇伴作業は新鮮で挑戦に満ちたものでした。シーンを観ながら、茉莉や和人やその周りでたしかに生きる登場人物たちにどんな音で寄り添うべきなのか、背中を押すべきなのか、幾度もの苦悩もありました。
総合計時間にするとおそらくすでにこの映画を100回近く観ていることになります。ですが、編曲もすべて終わり最終のオーケストラの本番レコーディングでやはり、画面を観ながら涙がポロポロと出てきました。
この映画には、茉莉の人生には、きっとご覧になるあなたが明日からも生きていく意味が詰まっていると思います。
ぜひ、公開を楽しみに待っていてください。

   ◆   ◆   ◆

■藤井道人監督 コメント

『余命10年』の脚本を読んだとき、茉莉と和人のイメージと、そこに寄り添う野田さんの音楽が自然と流れて来ました。
野田さんは、脚本を読んだインスピレーションでクランクイン前に音楽を作ってくれて、その音楽を聴きながら撮影は進んでいきました。まさに、野田さんに導いてもらいながらこの作品は完成しました。至福の時間でした。是非劇場で体感して欲しいです。

   ◆   ◆   ◆

この発表に合わせて、RADWIMPSによる音楽を使った“超特報”映像も公開された。


映画『余命10年』

2022年春 ロードショー
【スタッフ】
原作:小坂流加「余命10年」(文芸社文庫NEO刊)
監督:藤井道人
脚本:岡田惠和 渡邉真子
音楽:RADWIMPS

【配給】ワーナー・ブラザース映画
(C)2022映画「余命10年」製作委員会

映画公式Twitter: @yomei10movie #余命10年
映画公式サイト: yomei10-movie.jp
この記事をツイート

この記事の関連情報