アライナ・カスティーロ、米ドラマ『Lの世界 ジェネレーションQ』挿入歌「lips」をリリース

ツイート

アライナ・カスティーロが本日9月10日(金)に、新曲「lips (Original Music from The L Word: Generation Q)」をリリースした。

◆ジャケット画像

本作はアライナならではのチルなメロディが光るダウンポップなラヴ・ソング。また、楽曲はLGBTQ+コミュニティーの恋愛や挫折・成功を描く米TVドラマ・シリーズ『Lの世界』の続編『Lの世界 ジェネレーションQ』シーズン2にて、挿入歌として使用されることも決定した。

アライナは新曲について「“lips”は自分たちの気持ちを受け入れまいとしながらも、次第に強い気持ちに抗えなくなっていく2人を描いた曲よ」とコメントしている。

アライナは今後、11月にアメリカ国内4ヶ所を巡る<Parallel Universe Tour>を開催予定。LA公演にはシンガーソングライターのナイカがオープニング・アクトとして参加することも発表されている。

「lips (Original Music from The L Word: Generation Q)」

配信開始日:2021年9月10日(金)

トラックリスト
1.lips (Original Music from The L Word: Generation Q)
配信リンク:https://avex.lnk.to/alainalips

◆アライナ・カスティーロ 日本公式サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報