優里、新曲「夏音」デジタルリリース。今夜弾き語りでフルコーラス初披露

ツイート


優里が、自身の楽曲の世界をオリジナルドラマ化した『ドライフラワー-七月の部屋-』の第1話で流れる新曲「夏音(なつね)」を9月19日(日)にデジタルリリースすることが決定した。

「夏音」は、日本人最速でストリーミング4億回再生突破し2021年上半期ランキングで7冠と上半期最も支持された優里のバイラル大ヒット曲「ドライフラワー」と、1億回再生超えの初のオリジナル曲「かくれんぼ」の歌世界=クロスストーリーをオリジナルドラマ化したHuluにて独占配信中のドラマ『ドライフラワー-七月の部屋-』の第1話のために書き下ろした儚くも切ないロックバラード。また、この新曲「夏音」のフルコーラスが、本日9月12日(日)19時に「優里ちゃんねる【公式】」にて、優里弾き語りにより初披露されることも明らかになっている。



デジタルシングル「夏音」

iTunes、Spotifyなど各配信サイトにて9月19日(日)午前0時より順次配信スタート
iTunesにて9月12日(日)午前0時よりプリオーダー(予約注文)スタート
iTunesプリオーダーURL:https://VA.lnk.to/ek8ZnJ
※状況により開始が遅れる場合がございます。

■TikTok、Instagram・Facebook ミュージックスタンプにて先行配信決定
TikTokは9月12日(日)午前0時より、Instagram・Facebook ミュージックスタンプは、9月12日(日)16時以降順次配信スタート
※状況により開始が遅れる場合がございます。

ドラマ『ドライフラワー -七月の部屋-』

https://www.hulu.jp/dried-flower-our-room-in-july
Hulu独占配信中
【「ドライフラワー -七月の部屋-」作品概要】
ストーリー
七月のある日、マンションに引っ越してきた薫とゆりか。ふたりは大学時代から付き合いはじめ、この部屋で同棲生活をスタートさせる。同棲の始まりを祝福するかのように鳴り響く花火の音。幸せに包まれた部屋。薫はゆりかに花束をプレゼントする。
ゆりかは薫に、「ずっとずっとこの花を大切にする」と約束する。それから三年後の同棲記念日。仕事で多忙になり、同棲記念日すら忘れてしまっている薫。そのことに後で気づいた薫は、ゆりかを驚かせようとサプライズパーティを準備する。
薫は部屋中に花を飾り、料理を用意し、外出先から帰ってきたゆりかを驚かせる。久しぶりに二人の時間を過ごす薫とゆりかだったが、翌日、薫が目を覚ますとゆりかがいなくなってしまう。二人の部屋にはドライフラワーの花弁が落ちているのだった。
第1話では「同棲を始めることになった二人の、七月のある三日間」を二人の目線で、第2話では「同棲をはじめて三年目の、七月のある三日間」を薫の目線から、第3話では第2話と同じ三日間をゆりかの目線から描いていく。

スタッフ
監督:堀江貴大 脚本:狗飼恭子 主題歌:優里 音楽:フジモトヨシタカ
プロデューサー:西原永二、田中美幸 ラインプロデューサー:原田文宏
撮影:平野礼 照明:友田直孝 録音:益子宏明 美術:後藤レイコ
編集:小原聡子 スタイリスト:望月恵 ヘアメイク:井川成子
助監督:成瀬朋一 制作担当:青木啓二、相場貴和
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
製作著作:ソニー・ミュージックレーベルズ

キャスト
坂東龍汰 北香那 / 大西礼芳 行平あい佳 松澤匠

この記事をツイート

この記事の関連情報