<朝霧JAM>、3年連続の中止「来年の開催に希望をつないでいく」

ツイート


10月9日(土)~10日(日)に開催を予定していた<朝霧JAM2021>は、静岡県への緊急事態宣言の延長を受け、開催を見送ることになった。

2001年よりスタートした<朝霧JAM>は、富士山を臨む大自然の中で寝食しながら多彩な音楽を味わえる日本を代表するキャンプ・イン・フェス。だが2019年10月12日(土)、10月13日(日)に開催を予定していた<朝霧JAM2019>は台風19号の接近に伴う悪天候により開催中止、また、2020年10月10日(土)、11日(日)に開催を予定していた<朝霧JAM2020>は、新型コロナウイルス感染症が拡大傾向にあることから開催が見送られた。

今回の開催見送りに際し、フェスのオフィシャルサイトにて掲載されたメッセージが以下である。

  ◆  ◆  ◆

10月9日(土)〜10日(日)に開催を予定しておりました朝霧JAM2021は、静岡県への緊急事態宣言の延長を受け開催を見送ることにいたしました。

この一年半、開催実現に向けて、開催スタイルの変更などの検討も踏まえ感染防止対策を施すことを前提に、長年にわたり支えてくださったボランティア・開催地域の皆さま、協力団体・後援自治体との話し合いを重ねてまいりました。

一昨年の台風による開催中止からまる2年、昨年予定していた20周年の節目も迎えられぬまま、3年連続の中止となり心の底から無念ではありますが、来年の開催に希望をつないでいくことにいたしました。

開催を楽しみにされていた皆様へのご案内が遅くなりました事を心よりお詫びいたします。

明るい未来を信じて、朝霧の夜明けをまた一緒に迎えられることを楽しみにしております。

朝霧JAM実行委員会
株式会社スマッシュ

  ◆  ◆  ◆

この記事をツイート

この記事の関連情報