櫻井敦司が語る、BUCK-TICKの現在

ツイート

“読むロックマガジン”こと『ROCK AND READ』の最新刊、第97号が9月24日に発売される。表紙巻頭は、9月22日にシングル「Go-Go B-T TRAIN」をリリースしたBUCK-TICKの櫻井敦司だ。

◆『ROCK AND READ』第97号 画像

インタビューは昨年リリースされたアルバム『ABRACADABRA』からコロナ禍の1年を振り返り、同シングルについて深く切り込まれた内容だ。


アルバム発売日に行われたBUCK-TICK初の無観客配信ライブ、そのときに放映されたインタビューでのある出来事、フィルムコンサートツアー、武道館ライブ、今年7月にアコースティックとエレクトリックの二部構成で行なわれたコンセプチュアルな配信ライブなどを経て、ニューシングルがどう生まれたのか、その過程が明かされる。

また、表題曲「Go-Go B-T TRAIN」を作曲した今井寿、カップリングの「恋」を作曲した星野英彦のインタビューも掲載。さらには、同シングルに収録されたアコースティック新バージョンの「唄」「JUST ONE MORE KISS」のオリジナルを考察したコラムほか、7月の配信ライブのレポートも加えたBUCK-TICK大特集号として届けられる。


■『ROCK AND READ 097』

2021年9月24日(金)発売
cover (& back cover):櫻井敦司(BUCK-TICK)

●interview
今井寿 (BUCK-TICK)
星野英彦 (BUCK-TICK)
you & kiyo (Nicori Light Tours)
石井秀仁 (GOATBED)
武瑠 (sleepyhead)
yo-ka (DIAURA)
暁&奈緒 (アルルカン)
SAKI (Mary's Blood)
櫻井有紀

●live report
BUCK-TICK
ゴールデンボンバー
lynch.
D'ERLANGER
Angelo
己龍
DEZERT

この記事をツイート

この記事の関連情報