Suspended 4th、新曲トレーラーのVFXブレイクダウン映像を公開

ツイート

Suspended 4thが9月29日、配信限定シングル「ブレイクアウトジャンキー・ブルースメン」を各配信プラットフォームにて配信開始することは既報のとおり。同新曲トレーラーのVFXブレイクダウン映像が公開となった。

◆Suspended 4th 動画 / 画像

ブレイクダウンとは、完成映像を構成するCGに使われた要素を分解して見せる映像のこと。映画などのメイキング映像として公開されることが多い。新曲「ブレイクアウト・ジャンキーブルースメン」トレーラーのVFXワークはPIZZA OF DEATHが立ち上げたIT会社Linercraftのチーフクリエイターの高橋カズサ氏によって制作された。

全50ショット中、VFXまたは3DCGが介在するものが37ショットだったという。LinercraftはVFXプロデューサー、VFXスーパーバイザー、コンポジター、デジタルアーティスト、マットペインター、プログラマー、デスクなどを兼任しており、超少数精鋭で臨んだ作品でもある。

映像は2021年8月に実写撮影を行い、1ヵ月で最終仕上げというスピード感をもって作業が進められた。Suspended 4thのパフォーマンスに自然なかたちで共存するサイバーパンク感溢れるドローンのCGアニメーションをはじめ、一連のVFXワークは見どころ満載。ブレイクダウンと共に映像を確かめてもらいたい。



■DIGITAL SINGLE「ブレイクアウトジャンキー・ブルースメン」

配信:9月29日(水)0:00〜
※各配信プラットフォームにて配信開始


この記事をツイート

この記事の関連情報