【インタビュー連載 Vol.2】HYDE、「なにせ<黑ミサ>で<ハロウィン>ですからね」

ツイート

■クラシカルで上質な雰囲気を味わえる
■ハロウィンもなかなか他にはない

──リリースされた当時はほとんど人前で演奏されなかった作品が、ソロ20周年というアニバーサリーなタイミングに再びフィーチャーされて、コロナ禍という厳しい状況のなかでもっとも最適な、これ以上ない表現スタイルで再現されたというのは、なんだか奇跡的にも感じられます。

HYDE:ほったらかしにしていたからこそ、タイミングが合ったのかもしれないですね。たまたま僕の音楽の作り方がそうさせたんだとも思うし。ロックバンドのボーカリストがアコースティックなアルバムを作ること自体、あんまりないことだと思うし、作ったのにそのままツアーも何もしないでほったらかしにする人もいないだろうし(笑)。コロナ禍がなければ、たぶん今回のツアーはなかったと思いますしね。いろんな偶然が重なって今があるんだろうなって。

──もしコロナ禍にならなければ『ROENTGEN 2 (仮)』を作るという発想も出てこなかったかもしれないですね。

HYDE:でも、自分のなかではアメリカ戦略が終わったら作ろうと思っていたんですよ。だから順当にいけば2〜3年後だったのかな。“そろそろ『ROENTGEN』みたいな音楽をやりたいな”っていうのはずっと頭のなかにはあったので。

──来年には完成しますか。

HYDE:どうでしょう(笑)。とりあえずアルバムの前にシングルを何枚か出したいと思ってるので、まずは「NOSTALGIC」に続いて、「FINAL PIECE」もシングルリリース(11月24日リリース)して、この流れにのれればいいなと思ってます。


──それはうれしいですね。<黑ミサ>でさらに新曲が聴けたりすると、もっとうれしいです(笑)。

HYDE:ああ、それはあるかもしれないですね。でも『ROENTGEN 2 (仮)』の曲をやるなら、ちゃんと<ROENTGEN 2 (仮)>って銘打ったライヴなりコンサートまで取っておいたほうがいい気もするんですよ。「その曲はもう<黑ミサ>でやったじゃん」って言われちゃったらもったいないし(笑)、<黑ミサ>っていうコンサートの性質を考えると、あんまりみんなが知らない曲をいっぱいやるのもどうかなって。

──むしろHYDEさんの代表曲や人気曲をたっぷり聴ける機会でもありますもんね、<黑ミサ>は。

HYDE:そう。せっかく<黑ミサ>をやるなら、ここでしかできないことをやるべきだな、と。なので、より20周年らしいオーケストラコンサートになるんじゃないかなって思ってます。この間、20年間で自分が作ってきた曲をチェックしてみたんですけど、その時点で「あ、これはやってもいいかも」っていう曲もいくつか出てきているので。

──めちゃくちゃ気になります! さて今回の<黑ミサ>の第一弾<20th Orchestra Concert HYDE 黑ミサ 2021 Halloween>が10月30日および31日に開催されます。HYDEさんがハロウィンにコンサートを行なわれるのは<HALLOWEEN PARTY 2018>以来、3年ぶりとなりますが、この間もやりたいという気持ちは……。

HYDE:なかったです(笑)。たまたま会場が取れたのがこの日程だったので、それだったらハロウィンをやるしかないな、と思って今回は企画しましたけど、そうじゃなかったらやりませんでしたね。なので今後もハロウィンのライヴやコンサート自体、あるかどうかわかりません!

──ということは<HALLOWEEN PARTY>も?

HYDE:そうですね。もともと<HALLOWEEN PARTY>はyasuくん(Acid Black Cherry)とDAIGO (BREAKERZ)の3組でワチャワチャするために考えた企画なんですよ。でも、どんどん規模が大きくなっていくうちに手に負えなくなってしまって。そうしたなかで無理してやり続けることに必然性を感じられなかったので一旦、区切りをつけたんです。もちろん大好きなイベントでしたし、出演アーティストやお客さんみんなのかわいい仮装を見るのはすごく楽しみだったので、何かしらいい機会があればとは思っていたんですけど。


──なおのこと見逃せないですね、今回の<20th Orchestra Concert HYDE 黑ミサ 2021 Halloween>は。

HYDE:<HALLOWEEN PARTY>のイメージや実績があるから、ちょっとプレッシャーです(笑)。HYDEとしての単独コンサートなので、DAIGOとか手越とか、ゲストとして出てもらうアーティストは何人かいるけど、対バン形式ではないですし、これまでのエンターテインメントを超える自信があるのかと問われると正直、不安な気持ちもあるんですけど。でもオーケストラ独特の迫力だったり、クラシカルで上質な雰囲気だったりを味わえるハロウィンもなかなか他にはないと思うので。いいコンサートになるということは間違いないです。なにせ<黑ミサ>で<ハロウィン>ですからね。そもそも「HALLOWEEN PARTY」という楽曲をオーケストラで演奏する時点でかなり面白いと思うんですよ。これまでの僕のステージを観てもらえばわかる通り、絶対損はさせません!

──HYDEさんがどんな仮装をされるのかも注目です。<20th Orchestra Concert HYDE 黑ミサ 2021 Halloween>のアーティスト写真でも、すでに相当、本気の仮装をされていますが。

HYDE:はい、バフォメットっていう山羊の姿をした有名な悪魔です。アー写を撮ることになって、どんな仮装をしようかなって考えてたときに「そうだ、こいつがいたな」と思いついたんですよ。この髭をつけるのがだいぶ面倒くさかったんですけど。ま、これは撮影用の仮装なので、本番はまたお楽しみということにしておいてください(笑)。

──ご来場いただく観客の皆さんに、仮装に関して何かリクエストなどはありますか。

HYDE:みんな、いつもかわいい格好をして来てくれますからね。ただ、今回は着席で観ていただくということもあるので、他のお客さんの視界を遮らないように上に大きくなるのは避けてもらえたら。横に広がるのは仕方がないと思いますし、ボリュームのあるドレスを着て来ても大丈夫なように、広めな座席にしてもらえるようにスタッフに話しているところなので、そこは安心していらっしゃってください。僕も楽しみにお待ちしてます。

取材・文◎本間夕子
撮影◎田中和子


■<20th Orchestra Concert HYDE 黑ミサ 2021 Halloween>

10月30日(土) 千葉|幕張メッセ 国際展示場 9・10・11ホール
open16:00 / start17:00
10月31日(日) 千葉|幕張メッセ 国際展示場 9・10・11ホール
open16:00 / start17:00
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888

※DAIGO 、手越祐也は両日出演いたします。
※DAIGOはゲストボーカルでの出演、手越祐也はゲストボーカル&スペシャルパフォーマンスでの出演です。

▼注意事項
・開場 / 開演時間は予定です。変更となる場合があります。
・ドレスコードが設定されております。“スマートカジュアル or 仮装”
※着席指定公演のため、前後左右のお客様のご迷惑になるような仮装、および公序良俗に反する仮装はおやめください。

▼チケット ※全席指定
・SS席 ¥30,800(税込)
・S席 ¥16,500(税込)
・A席 ¥13,200(税込)

・チケットぴあ https://w.pia.jp/t/hyde-kuromisa2021/
・ローソンチケット https://l-tike.com/hyde/
・イープラス https://eplus.jp/hyde2021/

※未就学児童入場不可
※着席でのご観覧をお願いいたします。
※会場にて、必要に応じて公演日当日に個人情報をご提供いただく場合があります。
※公演の中止及び延期や、チケットの販売制限枚数の変更により主催者がチケットを無効とする場合以外は、払い戻しの対応はいたしかねます。予めご了承の上、チケットをご購入ください。

▼本公演に関して
 公演開催地の自治体、及び会場のガイドラインに沿ったキャパシティを上限としてチケット販売を開始いたします。今後、国、公演開催地の自治体、および会場のガイドラインの変更によりチケット販売枚数に制限が生じた場合は、一度、販売した全てのチケットを無効とし、払い戻しする場合があります。その場合、収容人数に合わせた席数で、あらためてチケットを販売いたします。また、公演開催にあたり下記取り組みをいたします。必ず事前にご確認ください。
 公演開催に関しては、今後の政府の基本的対処方針などに基づき、必要に応じて公演の中止・延期の対応を行う場合があります。

新型コロナウイルス感染症拡大防止に関する取組みとお客様へのお願い
https://www.hyde.com/contents/9011



■<20th Orchestra Concert HYDE 黑ミサ 2021>

▼Halloween
10月30日(土) 千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホール
10月31日(日) 千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホール
▼Wakayama
11月23日(火・祝) 和歌山ビッグホエール
11月24日(水) 和歌山ビッグホエール
https://kuromisa2021.hyde.com



■シングルCD「NOSTALGIC」

2021年10月6日(水)発売
【初回限定盤(CD+DVD)】UICV-9339 ¥2,420 (税込)
▼CD
1. NOSTALGIC
2. ZIPANG -HEIANJINGU ver.-
▼DVD
・NOSTALGIC Music Video
・NOSTALGIC Music Video Documentary
・ZIPANG -Live at HEIANJINGU (2021.8.1)-


【通常盤(CDのみ)】UICV-5086 ¥1,320 (税込)
▼CD
※収録内容は初回限定盤と同様


■抽選型プレゼント企画「MONSTERS CHANCE」(※購入者対象)■
・賞品内容:決定次第発表
・応募方法:MONSTERS CHANCEへの応募にはCDに封入のシリアルナンバーが必要です。シリアルナンバーは、初回限定盤、通常盤共通となります。
※シリアルナンバーはCD初回出荷分に封入されます。
・応募期間:2021年10月6日(水)AM11:00〜2021年10月11日(月)AM11:00
▼応募に関する注意事項
・当企画にはスマートフォンからのみ応募可能です。PC、フィーチャーフォン、タブレットからは応募できません。
・同じシリアルナンバーを使って2回以上応募することはできません。
・一人何口でも応募可能です。
・理由を問わずシリアルナンバーの再発行等は行えません。
・応募時の通信料は利用者の負担となります。
・応募の際は必ず電波状況の良いところで行ってください。
・応募時、当選時には個人情報の登録が必要な場合があります。
※その他、詳細はオフィシャルサイトでご確認ください。

■シングル「NOSTALGIC」店舗別購入特典■
各CDショップ&インターネット販売サイトでニューシングルのいずれか一枚を購入された方に先着で下記の特典をプレゼント
・TOWER RECORDSオリジナル特典:ステッカー(91×55mm)
・HMVオリジナル特典:ステッカー(91×55mm)
・Amazon.co.jpオリジナル特典:メガジャケ(24cm×24cm)
・楽天ブックスオリジナル特典:ポスター(A2サイズ)
・VAMPROSE STORE:クリアファイル(A4サイズ)
・UNIVERSAL MUSIC STOREオリジナル特典:クリアファイル(A4サイズ)
・全国CDショップ・インターネット販売サイト共通特典:ポスター(A2サイズ)
※一部取扱いのない店舗・インターネット販売サイトもございます。詳しくは購入ご希望の店舗へお問い合わせください。
※一部インターネット販売サイトでは特典付き商品のカートがございます。特典をご希望の方は詳細を確認の上、特典付き商品を購入してください。
※オリジナル特典対象の店舗、インターネット販売サイトは、共通特典のポスター(A2サイズ)は対象外となります。
※購入特典は先着のプレゼントです。なくなり次第終了となります。

(問)ユニバーサル ミュージック カスタマーサービス・センター 0570-044-088
https://lp.universal-music.co.jp/forms/inquiry/

■シングル「FINAL PIECE」

2021年11月24日(水)発売
【初回限定盤 (CD+DVD)】UICV-9341 2,420円(税込)
▼CD
1. FINAL PIECE
2. DEPARTURES -Orchestra ver.-
▼DVD
・「FINAL PIECE」Music Video
・「FINAL PIECE」Music Video Documentary
・DEPARTURES -Live at PACIFICO YOKOHAMA-

【通常盤(CDのみ)】UICV-5088 1,320(税込)
※CD収録内容は【初回盤】と同様

▼購入者対象、抽選型プレゼント企画MONSTERS CHANCE
CD(初回生産分)に封入のシリアルナンバーで応募できます。企画内容は決定次第発表。

▼店舗別購入特典
各CDショップ&インターネット販売サイトにてニューシングルのいずれか一枚を購入された方に特典をプレゼント。
・TOWER RECORDSオリジナル特典
・HMVオリジナル特典
・Amazon.co.jpオリジナル特典
・楽天ブックスオリジナル特典
・VAMPROSE STOREオリジナル特典
・UNIVERSAL MUSIC STOREオリジナル特典
・全国CDショップ・インターネット販売サイト共通特典
特典の詳細は決定次第発表。


◆インタビュー【2】へ戻る
◆インタビュー【1】へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報