ジューダス・プリーストのロブ・ハルフォードも、銃弾に込められたレミーの遺灰を受け取る

ツイート
Photo by Sam Erickson

今年春、2015年に亡くなったモーターヘッドのフロントマン、レミーの遺灰が、銃弾型のカプセルに込められ親しかった友人たちに分配されているとのニュースがあったが、ジューダス・プリーストのロブ・ハルフォード(Vo)もこれを受け取ったという。

◆ロブ・ハルフォード画像、動画

ハルフォードは『SpeedFreaks』のインタビューで、こう明かした。「レミーが亡くなったとき、俺は彼の追悼式で弔辞を述べるという美しい機会に恵まれた。素晴らしい集まりだった。俺ら、ミュージシャンが世界中からハリウッドに集結し、レミーのことや彼の素晴らしい人生、彼が俺らに遺したものなんかについて話をした。そして、それ程前のことじゃない。レミーのオフィスやマネージャーからメールがあり、銃弾が届いたよ。レミーの遺灰が入ったやつだ」

「クレイジーだ。レミーが気に入りそうなことだ。どう解釈してもらっても構わないが、親しい友人たちがレミーの遺灰をペンダントにして身につける、心臓の近くにそれがあるって考えると、とんでもなくパワフルだ。遺灰を収めるのにああいった物を使うなんて、レミーらしいよ。刺激的だし、彼のことを考えるし、話もするようになる。いま、それは俺の家にある」


今年2~3月、Ugly Kid Joeのフロントマン、Whitfield CraneやTV/ラジオ・プレゼンターのRiki Rachtmanのもとにレミーの遺灰が入った銃弾型のカプセルが届いたと、本人や友人のSNSを通じ伝えられていた。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報