ロブ・ハルフォード、KK’sプリーストの音楽「まだ聴いていない」

ツイート
Photo by Sam Erickson

ジューダス・プリーストのロブ・ハルフォード(Vo)は、元バンド・メイト、K.K.ダウニングの新バンドKK’sプリーストの音楽をまだ聴いていないそうだ。KK’sプリーストは今年5月にファースト・シングル「Hellfire Thunderbolt」をリリースし、先月、デビュー・アルバム『Sermons Of The Sinner』を発表した。

ハルフォードは、『MariskalRock』のインタビューで、KK’sプリーストについて問われると、「ああ、まだ聴いていない。聴いたら、教えるよ。いまは、(ジューダス・プリーストの)50周年記念ボックスセットに専念したい。このボックスセットは、このバンドのライフ・ストーリーを象徴する素晴らしいものになっている」とだけ答えたという。


一方、ダウニングは最近、ハルフォードについて『No F**kin' Regrets With Robb Flynn』ポッドキャストでこう話している。「俺らは、最初からロブはゲイだとわかっていた」「俺にとって大事だったのは……、ロブは素晴らしい声を持っている。ロブはこのバンド(ジューダス・プリースト)にずっと留まり続けるだろうと思った。彼はシアトリカルにもなり得るし、発言力もあるだろうと。感受性にショーマンとしての能力、そういうのはフロントマンに重要な要素なんだ。そして、俺は自分が正しかったことを証明した」


ジューダス・プリーストは先月、50周年を記念し、全スタジオ・アルバムおよびライヴ・アルバム29枚に未発表音源集13枚を加えた42枚入りの『50 Heavy Metal Years Of Music』ボックスセットを限定リリースした。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報