ブライアン・メイ「発言が微妙に歪められた」

ツイート

ブライアン・メイが、人種や性別、トランスジェンダーという言葉を含めた自身の最近の発言について釈明した。

ブライアンは先週、英国のテレビ局ITVのイベントに出演した際、キャンセル・カルチャーに対する懸念を示し、「もしクイーンが今スタートするのであれば、僕らは異なる人種、性別、トランスジェンダーの人たちをバンドに迎えるよう強制されただろうね。でも、人生って必ずしもそうあるべきではない。僕らは分離することも異なることもあり得る」「例えば、フレディ(・マーキュリー)はザンジバル出身だった。ブリティッシュじゃなかったし、白人でもなかった。そんなこと、誰も気にしていなかった。誰も議論しなかった。彼はミュージシャンだった。僕らの友人でブラザーだった。僕らは立ち止まり、“僕らは彼と活動すべきなのか? 彼の肌の色は正しいのか? 性的指向は正しいのか?”なんて考える必要はなかった。いまは、そこまで計算しなくてはいけないのを僕は怖いと思う」などと話した。

この発言が物議をかもしたことに、ブライアンは週末(11月28日)、インスタグラムに以下のような声明を出した。「そうだ──僕は最近ITVのイベントで、ジャーナリストに不意打ちを食らい、完全に陥れられた。僕がまるでトランスジェンダーの人々には友好的ではないかのようなニュースが大量に流れることとなった。これほど事実とかけ離れていることはない。僕の言葉は微妙に歪められた。このような私利のためには他人を犠牲にする記者たちと話すとは、うかつだった」

「あの記事により傷ついた人たちに深く謝罪する。僕の心は常に、あらゆる人種、宗教、性別、性的指向の人々、いかなる形、サイズであろうが──そして全ての生物に対しオープンだ。僕らはみんな、この世界において尊敬と平等に値する。この数日、僕を擁護するため歩み出てくれた人たちに感謝する。君らが僕を信じてくれたことは大きな意味がある」



ブライアンとクイーンで活動を共にするアダム・ランバートは、これにハートの絵文字で返信している。

Ako Suzuki


この記事をツイート

この記事の関連情報