Official髭男dism、<Apple Music Awards>日本アーティスト・オブ・ザ・イヤー初受賞「驚きました」

ツイート

Official髭男dismがAppleによる音楽アワード<第3回Apple Music Awards>にて、日本人アーティスト初の受賞を果たした。

<Apple Music Awards>は、その年に最も輝いたアーティストと彼らがグローバルなカルチャーに与えた影響力に対して贈られる賞。

今年2021年から新たなカテゴリーとして「リージョナル・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」が導入され、アフリカ、フランス、ドイツ、日本、ロシアの5つの国と地域において文化とチャートの双方に最も大きな影響を与えたアーティストたちを讃えている。Official髭男dismは日本のアーティスト・オブ・ザ・イヤーとして初選出された形だ。

この受賞に対してOfficial髭男dismは「日本のアーティストがこの賞を受賞できるとは知らず、知らせを受けたときはとても驚きました。Apple Music Awardsで日本のアーティスト・オブ・ザ・イヤーの最初の受賞者になれたことを大変うれしく思っています」とコメント。今後の世界的な活躍への足掛かりとしても大きな影響を及ぼす受賞となった。

Official髭男dismは2ndシングル「Pretender」で日本Apple Musicチャート1位にランクインし、その後にアルバム『Traveler』で初の日本アルバムチャート1位を達成。また、「Stand by You」「I Love…」「アポトーシス」などのヒット曲とともに日本のApple MusicのテレビCM3本にも登場している。「アポトーシス」は日本のApple Musicが公開したドルビーアトモスによる空間オーディオの広告キャンペーンで使用され、最新アルバム『Editorial』にも収録された。

なお、<Apple Music Awards>では今後12月7日から様々なイベントが行われ、Apple MusicとApple TV Appを通じてインタビューやオリジナルコンテンツなどが全世界へ配信される予定となっている。

この記事をツイート

この記事の関連情報