2022年大型新人リスト<Sound Of 2022>、2位発表

ツイート
Photo Credit: Hollie Fernando

英国の公共放送BBCが毎年初め発表する、その年活躍が期待される新人リスト<BBC Sound Of …>の2022年度版の2位が、水曜日(1月5日)告知された。

◆ウェット・レッグ画像、動画

カレッジ時代からの友達2人により結成された英国出身のインディ・バンド、ウェット・レッグが選出された。ワイト島にある音楽カレッジで知り合ったリアン・ティーズデイルとへスター・チャンバースは2019年にバンドをスタート。Domino Recordsと契約を交わし、昨年6月にデビュー・シングル「Chaise Longue」、9月にセカンド「Wet Dream」と立て続けにリリースし、インディ・シーンの新星と注目を浴びた。4月にはデビュー・アルバムの発表を予定している。

リアンは、「バンドを始めたとき、私たちはただ、仕事と並行してバンドをやりたいってだけだった。2人とも仕事が忙しかったから、趣味みたいな感じでやろうって思ってた。だから、こんなこと想像もしていなかった」とコメントしている。




<Sound Of 2022>には、Baby Queen、セントラル・シー(5位)、ENNY、ローラ・ヤング(4位)、Mimi Webb(3位)、PinkPantheress、Priya Ragu、Tems、ウェット・レッグ(2位)、Yard Actの10アーティストが候補に挙がっており、6日にいよいよ1位が発表される。

<Sound Of…>ではこれまで、50セント、キーン、コリーヌ・ベイリー・レイ、アデル、エリー・ゴールディング、サム・スミス、イヤーズ&イヤーズ、セレステらが1位に選ばれてきた。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報