クリス・マーティン、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を観て「バンドやりたい」に

ツイート
Photo by Dave Meyers. Art direction by Pilar Zeta

コールドプレイのフロントマン、クリス・マーティンは、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の1シーンを観て、「バンドやりたい!」と思うようになったそうだ。

◆コールドプレイ画像、動画

それは、マイケル・J・フォックス演じるマーティが「Johnny B. Goode」をパフォーマンスするところ。『ザ・ケリー・クラークソン・ショウ』にゲスト出演したマーティンは、「あれで、バンドやりたいって思ったんだ。そう、あのシーンだ」と話した。

マーティンは2016年、そのお気に入りの1シーンの完全再現とまでは言わずとも、コールドプレイの公演で、マイケル・J・フォックスと一緒に「Johnny B. Goode」と「Earth Angel」をプレイする機会に恵まれた。

コールドプレイは当時、パフォーマンス映像をTwitterに投稿し「夢は叶う」とつぶやいていた。


マーティンはまた、『ザ・ケリー・クラークソン・ショウ』のインタビューで、子供のときの音楽との触れ合いについて、「僕は英国の畑ばかりのところで育った。インターネットなんてない時代だ。だから、テレビで流れる音楽はなんであれ……。僕が初めて録音したのは、当時、『The A-Team』っていう番組があって、そのテーマ・ソングだ。テレビの前にカセットレコーダー置いて録音したんだよ」と話している。


Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報