ジョニ・ミッチェル、ニール・ヤングに倣いSpotifyから撤退

ツイート

ジョニ・ミッチェルが、Spotifyから自身の楽曲を引き上げると発表した。ニール・ヤングに倣うという。

ミッチェルは1月28日(金曜日)、公式サイト(Jonimitchell.com)に「私はニール・ヤングを支持する!」と始まる声明を出した。「Spotifyから私の全ての音楽を削除すると決断しました。無責任な人々が、他の人たちの命にかかわる嘘を広めています。私はこの点では、ニール・ヤングと世界の科学・医学的コミュニティーと結束します」

ヤングは、今週初め、新型コロナウイルスのワクチンに関し間違った情報を広めていると批判されるコメディアン、ジョー・ローガンのポッドキャスト番組をSpotifyが独占配信していることに抗議し、「ローガンかヤングどちらかだ。両方はありえない」と迫る公開書簡を自身のウェブサイト『Neil Young Archives』に掲載。マネージメントやレコード会社に向け、「Spotifyに今日すぐ、俺の音楽をプラットフォームから削除したいと伝えてもらいたい」と要請し、Spotifyはそれに従う決断を下した。

ヤングはその後、「僕は言論の自由を支持している。検問に賛成したことはない。民間企業は、彼らが何から利益を得るか選択する権利がある。同様に、僕には、有害な情報を広めるプラットフォームには自分の音楽を提供しないという選択ができる。僕は、他人を助けるために毎日、命を危険にさらしているフロントラインの医療従事者たちと結束するのを嬉しく誇らしく思う」との声明を出している。

Ako Suzuki


この記事をツイート

この記事の関連情報