エド・シーラン、BMTHとの「Bad Habits」ロック・ヴァージョンをリリース

ツイート
Photo: Dan Martensen

先週(2月8日)、英国の音楽賞<ブリット・アワーズ2022>での共演が話題となったエド・シーランとブリング・ミー・ザ・ホライズンが、ファンからのリクエストに応え、授賞式で一緒にパフォーマンスした「Bad Habits」をスタジオでレコーディングし直しリリースすることにした。

◆関連画像

「Bad Habits」はシーランの最新作『=』に収録され、シングル・カットされると全英で11週間連続1位に輝いた。<ブリット・アワーズ2022>では、ブリング・ミー・ザ・ホライズンが加わり、力強く激しいロック・ヴァージョンがプレイされた。

ブリング・ミー・ザ・ホライズンのオリヴァー・サイクス(Vo)は月曜日(2月14日)、シーランとFaceTimeする動画を公開し、「Bad Habits」の新ヴァージョンを今週金曜日(18日)リリースすることを告知した。

動画の中で、シーランは「あのショウはクレイジーだったね」「エレクトリック・ギターをプレイし、ばっちりロックできて楽しかった」と彼らの参加に感謝。サイクスが「あんなにアドレナリンが出たのは初めてだ」「たくさんの人たちからスタジオ・ヴァージョンをリクエストされている。いかれてる」と話すと、「僕ら、リリースしないと。すぐにできると思わない?」と応じた。






シーランとブリング・ミー・ザ・ホライズンは、これとは別のコラボも計画しているようだ。シーランは<ブリット・アワーズ>の後、「僕ら、一緒に曲を作るんだ。ブリング・ミー・ザ・ホライズンと一緒にプレイするのは夢だった。オリーと連絡を取り、僕ら、曲を作るところで、パンデミックが起きた。僕は長いこと(彼らの)ファンなんだ」と話していたという。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報