ロックの殿堂ファン投票、デュラン・デュランが暫定1位

ツイート

2022年度のロックの殿堂のファン投票には、2月初めの受付開始から7週間で累計400万票以上が投じられている。

現時点の1位はデュラン・デュランで、69万以上の票を集めている。2位にエミネム(約58万票)、3位にパット・ベネター(約43万票)と続き、ノミネートを辞退したドリー・パートンが、31万票以上が投じられ4位につけている。5位にはユーリズミックスが入った。

殿堂入りするミュージシャンは、歴史家、音楽業界従事者、アーティストなど1,000人以上からの投票により決まるが、そこに、ファン投票の上位5アーティストへ“ファンからの一票”が加えられる。必ずしもではないが、ファン投票で1位に選ばれたアーティストが、その年殿堂入りすることは多い。

2022年度は、ベック、パット・ベネター、ケイト・ブッシュ、ディーヴォ、デュラン・デュラン、エミネム、ユーリズミックス、ジューダス・プリースト、フェラ・クティ、MC5、ニューヨーク・ドールズ、ドリー・パートン、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、ライオネル・リッチー、カーリー・サイモン、ア・トライブ・コールド・クエスト、ディオンヌ・ワーウィックの17アクトが候補に挙がっている。

ドリーは10日前、「私がその資格を得ているとは思えない。私のせいで、投票が割れてほしくない」と、候補辞退を希望したが、主催者のRock And Roll Hall Of Fameは、「ドリーのノミネートは他の16アーティストと共に、今月初め、大半がアーティストである、我々の1,200人の投票者たちに殿堂入りを検討するよう伝えられている」と、ドリーをリストから外していない。

ファン投票は4月29日まで行われ、殿堂入りするアーティストは5月に発表される。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報