デュラン・デュラン、ロックの殿堂式典でアンディ・テイラーとのリユニオンを計画

ツイート

今年、ロックの殿堂入りが決まったデュラン・デュランは、11月に開催される式典で元メンバーのアンディ・テイラー(G)とウォーレン・ククルロ(G)とパフォーマンスする計画を立てているという。

デュラン・デュランは、現メンバーのサイモン・ル・ボン(Vo)、ジョン・テイラー(B)、ニック・ローズ(Key)、ロジャー・テイラー(Dr)に加え、アンディ・テイラー、ウォーレン・ククルロが殿堂入りする。

フロントマンのサイモン・ル・ボンは『Rolling Stone』誌のインタビューでこう語った。「アンディとウォーレン両方と連絡を取ってる。彼らは、ニック、ロジャー、ジョン、僕と同じように、すごく興奮し、とても感謝し光栄に思っている。その夜、何をしようか話し合ってる」

「それ(リユニオン・パフォーマンス)が、僕らが目指しているものだ。やれない理由はないと思う。アンディからはすでに、はっきりイエスと言われている。彼は間違いなくやる気だ。ウォーレンもやりたがると思う。僕らは常に、彼らとちゃんとした関係を維持してきた。“とげとげしい別れ”ってやつではなかった。紳士的で理解し合ったものだった」

アンディ・テイラーは、デビュー前の1980年にデュラン・デュランに加入し、ファースト『Duran Duran』(1981年)から4枚目『Notorious』(1986年)の一部までのアルバムを制作。1986年に脱退したが、2001年に復帰し5年間、再び在籍した。ウォーレン・ククルロは、アンディ不在の1986~2001年に活動を共にした。

ロックの殿堂の式典は11月5日にロサンゼルスで開催される。パフォーマー部門では彼らほか、パット・ベネター & Neil Giraldo、エミネム、ユーリズミックス、ドリー・パートン、ライオネル・リッチー、カーリー・サイモンが殿堂入りする。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報