【インタビュー】YOSHIKI「楽曲は生きている。その状態が変化していってもいい」

ツイート

次世代のためのエナジードリンク「リアルゴールド X/Y」が5月16日に発売された。

「ロックの高揚感と熱狂するパワー」「クラシックの集中力と内なるパワー」をそれぞれイメージした「リアルゴールド X」と「リアルゴールド Y」は、いずれもYOSHIKIと日本コカ・コーラがタッグを組んで誕生したものだが、最大のポイントは単なるコラボやフューチャリングではなく、YOSHIKIがビジネスパートナーとして参画したという点だ。

誤解を恐れずに言えば、アーティストの持つ人気と影響力を活用して商品を訴求させるのがコラボ/フューチャリングであるのに対し、ビジネスパートナーはその意味が全く異なる。その名の通り、ともにビジネスの成功を目指し、お互いの武器を持ち寄ってまだ見ぬ製品を生み出し世に問うというフロンティア精神が礎にあり、恐れることなくチャレンジしていく姿勢にこそ、このタッグの本質がある。

キーワードとして「NOTHING IS INPOSSIBLE./不可能なものはない」というYOSHIKIが常日頃から掲げている精神性が紹介されているが、不透明で釈然としない今の世の中を打ち破り、挑戦こそが次代を切り開く最大の鍵であることは、日本コカ・コーラも同じ思いであったというわけだ。

いちミュージシャンが世界を股にかける超一流企業と対等に会話を重ね、肩を並べてプロジェクトを組む。こんな夢のある話がかつてあっただろうか。比類なき偉業を打ち立てたYOSHIKIの真意に迫るべく、5月10日、発表当日にインタビューを敢行した。


──コラボではなくビジネスパートナーである点が、これまでにも例のない最も画期的な点だと思います。

YOSHIKI:おっしゃるとおりかもしれません。エンターテイメントという世界においては、名前を貸す形でいろんな取り組みが行われると思いますが、今回のようにパートナーシップを組んでいくというのは、なかなかなかったことかもしれませんね。ここ数年…例えばリアーナとLVMH、カニエ・ウエストとアディダスなどの例がありますけど、アメリカでもさほど多くはないと思います。僕はそういう動きはすごいなと思っているんです。そういったお話は以前からもらっていましたし、関心はありました。アーティストの仕事は、“広告塔”であることだけではないですから。

──角度によってはこれはある種「歴史的なこと」なことですよね。コカ・コーラと縁があったとき、ここまでのプロジェクトになることを頭で描いていたんですか?

YOSHIKI:手探りな部分もあったと思うんですが、僕が持っている気持ちや考えに本当に共感してくれていたので、ある時点から「実現するんだな」って思い始めました。

──YOSHIKIは当然ミュージシャンですから、コカ・コーラ側からは音楽に関する大きな期待やリクエストもあったと思いますが、そこに関しては?

YOSHIKI:逆に、音楽についてのアイディアもお互い話し合って作っていったというのが正直なところですよ。

──「リアルゴールド X/Y」それぞれを表す音楽も公開されましたが、YOSHIKIの中に流れている典型的なロック/クラシックを見事に切り分けたサウンドとなっていますね。

YOSHIKI:僕の中では凄いことになっているんですよ(笑)。何ていうかな…自分で演ってても何のジャンルなんだろうなって思いました。最初の段階では、クラシックのピアノ・ソロ…それこそショパンをオマージュしたような曲を書いてみたり、ただ単純に激しいドラム・ソロを叩いてみたりと、いろいろ試していたんですけど、そうやって考えて進めていくうちに、このような形になった。もちろんここまでには日本コカ・コーラさんの意見もありましたし、そこには「あ、なるほどね」というものもあります。このようなパートナーシップを組むと、学ぶことも沢山ありますよね。

──ぐるっと一周回って、まさに「YOSHIKIイズムそのもの」なのかなとも思いました。インディーズの頃から、すでにクラシックの要素とハードなロックの要素がハイブリッドされて、「悲しみ」と「希望」も同時に存在するような作品作りでしたから、「X」と「Y」の両極を同時に表現できるところがYOSHIKIなんだな、と。

YOSHIKI:そうですね。今回ビジネスパートナーとして50%+50%=100%なのではなく、お互い100%と100%でぶつかり合っていますからね(笑)。ビジネスパートナーって、あまり聞かないものですし。

──「音楽さえやっていれば、ミュージシャンはビジネスは考えなくていい」という時代は終わりました。そういう意味でこの取り組みには夢があると思っているんです。

YOSHIKI:まさにそうなんです。Z世代のアーティストであれば、こういう取り組みは自然に行えると思いますね。ミュージシャンのあり方として、今後も普通に入ってくると思う。僕らが音楽を始めた時代って「四畳半フォーク」みたいな言葉もあって、その流れからなのかミュージシャンは貧乏じゃなきゃいけないみたいな価値観があったんですよね(笑)。

──分かります。実生活も本当にハングリーで(笑)。

YOSHIKI:まだそんな匂いもある時代に僕らはデビューしたから、その頃スタッフからは「あまり派手なことはしないでください」って言われたんですよ。で、僕はその真逆を行ったわけ(笑)。僕らは皆さんに夢を提供する立場ですから「なんで成功しちゃいけないの?」って。ロックのイメージはそうじゃないと思うし、もしそうであるならば、そのイメージを変えちゃえばいい。

──それもYOSHIKIイズム。

YOSHIKI:もちろんそんな急にね、今日思って明日から変わるというものではないけれど、そのようにやっているうちに変わっていってしまったんじゃないかな。だって、その後に、ロックミュージシャンもテレビに出るような時代になったじゃないですか。テレビに出ちゃいけないという時代が長かったですからね。第一線でやっている人たちもハングリー精神はありますし、それはハリウッドにいるとすごく感じます。世界中のスーパースターが集まっているわけですから。

──今回発表された楽曲は、どのような形で公開されるのでしょうか。

YOSHIKI:昔はレコード…文字通り「記録」でしたよね。楽曲として作り上げたものを記録してリリースする。でも今ってね、「変化している状態」を投げられるんですよ。

──ライブか。

YOSHIKI:そう、楽曲は生きているんです。その状態で世の中に聴かせることができるんですね。ということは、その状態が変化していってもいい。

──面白い。

YOSHIKI:変化していってもいいし、合体してもいいしセパレートしていってもいい。今の時代「生きている芸術」を見せることができる。今回の楽曲は「生きている」んですよ。ファンの皆さんがこう思うとか、日本コカ・コーラさんがこう思うとかで、成長の仕方も変わってくる。そういうことをやっているんです。最初から構想を立てて作り上げたのではなく、まずは曲を書き、生まれ成長している進行形を皆さんに聴いてもらっているわけです。

──それはワクワクします。

YOSHIKI:だから、これ本当の話ですけど、昨日もこの曲のレコーディングをしていたんですよ。生きていますから。

──YOSHIKI自らも楽しんでいるようですね。

YOSHIKI:でも同時にプレッシャーもありますよ。自分で言うのもあれですけど、なにか革命的なことをやっているときは、楽しんでいると同時にプレッシャーも大きいですから。X(X JAPAN)としてデビューしたあのとき、プレッシャーも凄かったけどやはり楽しんでいましたよね。きっと自信があったんでしょうね。

──さらなる進展と進化を期待しています。

YOSHIKI:「生きている楽曲」を作っているので、皆さんにはその生き証人になって欲しいですね。

取材・文◎烏丸哲也(JMN統括編集長)


<YOSHIKIクラシカル with オーケストラ2022 in JAPAN>

会場 :東京国際フォーラム ホールA
日程 :2022年9月17日(土)、 18日(日)、 19日(月・祝)の3公演
16時開場/17時開演(各日)
主催 :ウドー音楽事務所
チケット代:全席指定13,000円(税込・均一)/VIPパッケージ98,000円(税込)

「VIPパッケージ内容」
・ステージ前方センターブロック指定席確約(公演チケット込み)
・VIP限定グッズ
・ウェルカムドリンクサービス
・サウンドチェックパーティー
・VIP専用クローク
・VIP優先会場物販

【チケット販売スケジュール】
5月20日(金)12:00~5月29日(日) 23:59
楽天カード YOSHIKIデザイン 会員 先行抽選受
【受付URL】 https://www.rakuten-card.co.jp/e-navi/

6月 3日(金)12:00~6月7日(火) 23:59
YOSHIKI VISAカード(VIP、 VISA)、 yoshikitty Mastercard、
ウドー・プレミアムメンバーズ 会員 先行抽選受付
【VIP受付URL】 https://l-tike.com/st1/yc-visavip
【VISA受付URL】 https://l-tike.com/st1/yc-visa
【yoshikitty受付URL】 https://l-tike.com/st1/yc-master
【ウドー・プレミアムメンバーズ受付URL】 https://w.pia.jp/s/yoshiki-c22ups/

6月13日(月) 12:00~6月17日(金) 23:59
YOSHIKI mobile 、 YOSHIKI CHANNEL、 ウドー・メンバーズ 会員 先行抽選受付
【YOSHIKI mobile受付URL】 http://www.yoshiki-mobile.com
【YOSHIKI CHANNEL受付URL】 http://ch.nicovideo.jp/yoshikiofficial
【ウドー・メンバーズ受付URL】 https://w.pia.jp/s/yoshiki-c22ums/

6月24日(金)12:00~6月26日(日)23:59 ローソンチケット 先行抽選受付
【受付URL】 https://l-tike.com/yoshikiclassical

7月 2日(土)12:00~ 一般先着販売
【受付URL】 https://l-tike.com/yoshikiclassical

公演概要
https://jp.yoshiki.net/info/1907/

YOSHIKI+(PLUS) Presents
<EVENING / BREAKFAST with YOSHIKI 2022 in TOKYO>

2022年8月11日(木祝)Breakfast Show / Dinner Show
2022年8月12日(金)Breakfast Show / Dinner Show
2022年8月13日(土)Breakfast Show / Dinner Show
2022年8月14日(日)Breakfast Show / Dinner Show
2022年8月15日(月)Breakfast Show / Dinner Show
2022年8月19日(金)Dinner Show
2022年8月20日(土)Breakfast Show / Dinner Show
2022年8月21日(日)Breakfast Show / Dinner Show
2022年8月26日(金)Dinner Show
2022年8月27日(土)Breakfast Show / Dinner Show
2022年8月28日(日)Breakfast Show / Dinner Show

会場:グランドハイアット東京 ボールルーム

【Breakfast Show】
・OPEN:11時
・BREAKFAST START:11時45分
・SHOW TIME:13時(15時終演予定)
・チケット料金:80,000円(税込)

【Dinner Show】
・OPEN:17時30分
・DINNER START:18時30分
・SHOW TIME:20時(22時終演予定)
・チケット料金:100,000円(税込)

【ディナーショー内容(予定)】
・YOSHIKIのピアノとカルテットによるX JAPANやYOSHIKIのソロ楽曲のライブ演奏に加え、状況に応じてオペラシンガーやシンガーの来日もあり
(BREAKFAST WITH YOSHIKI とEVENING WITH YOSHIKIとでは一部演目を変更予定)。
・YOSHIKIの普段聞けないスペシャルトーク
・YOSHIKI監修、 フレンチのフルコースディナー(EVENING WITH YOSHIKIのみ)
・YOSHIKI監修、 スペシャルブレックファスト(BREAKFAST WITH YOSHIKIのみ)
・YOSHIKI新作ワインを含めた素敵なお土産をご用意
・YOSHIKI本人がプロデュースしているYOSHIKIMONOのファッションショー
・YOSHIKIの私物を落札できるチャリティーオークションの開催
・限定グッズの販売
・その場での楽曲リクエストコーナー
・YOSHIKIと牧阿佐美バレエ団によるバレエ・パフォーマンス
・東京ドームやアリーナクラスで演奏されるYOSHIKIのドラムパフォーマンスを目の前で観賞
・スペシャルサプライズあり(EVENING WITH YOSHIKIのみ)


◆YOSHIKI オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報