【速レポ】<KITAKAZE ROCK FES>NOISEMAKER、3年間のリベンジがついに成就「日本中を巻き込む明るい風を起こそうぜ」

ツイート

3年越しに実現した主催フェスだからなのか、自分達の地元だからなのか、それとも自分達の前に演奏した6バンドに刺激され、絶対に負けられないと思ったのか。

◆<KITAKAZE ROCK FES. 2022> 画像

主催フェスのトリを務めたNOISEMAKERは筆者がこれまで見たこともないような気迫に満ちた姿を、食うか食われるかというタイトルを持つ1曲目の「Hunter or Pray」から見せつけ、観客を狂喜させた。その「Hunter or Prey」をはじめ、彼らが序盤に選んだのが、ライブで演奏することをそれほど意識せずにヒップホップやコンテンポラリーなR&Bのエッセンスを自分達のサウンドに取り入れながら作ったという「SADVENTURES」「CROWN」だったところが興味深い。

そういう3曲をライブのしょっぱなに持ってきて、ライブバンドとしてのポテンシャルを見せつけたところが今現在のNOISEMAKERなのだろう。1曲目から激しいアクションを見せたHIDE(G)、YU-KI(B)、UTA(Dr)──楽器隊の3人が奏でる音は、それぞれに厳選したものであることを思わせながら、どの音もぶっ太いから、物足りないどころか、逆に凄みさえ感じさせるのだから、いきなり圧倒されてしまった。





だから、前述の3曲が終わったタイミングでAG(Vo)が言った「ようこそ<KITAKAZE>へ。お待たせしました! こんな雨の中、寒い中、来てくれて、そして最後まで残ってくれてほんとありがとうございます!」という言葉に客席から大きな拍手が湧いた瞬間、筆者は<KITAKAZE ROCK FES. 2022>の大成功を確信したのだが、もちろん彼らのステージはまだ序盤も序盤。

「あきらめの悪い男達の夢を一緒に見続けてくれたみんなや、<KITAKAZE>待ってるぜって言い続けてくれたみんなのおかげで今日があります。(観客のみんなに)楽しい思いをさせて、全力でぶっとばします。「トリ前にやりにくくさせるのが目的です」と(coldrainの)masatoは言ったけど、ここが俺の地元。誰が相手でもやりづらくなるわけねえだろ!」──AG

AGによるそんな宣言以降、NOISEMAKERは完全勝利のプロットとも言えるセットリストでトリにふさわしい、いや、ついに成就した3年越しの臥薪嘗胆にふさわしい見応え満点のステージを繰り広げたのだった。



序盤、現在のロックシーンの軸になると自負する曲とともに逞しくなったバンドの姿を印象づけた彼らはそこから一転、次のブロックでは、「Something New」「Spinless Black」「Better Days」というアンセミックなロックナンバーを繋げ、「ジャンプ!ジャンプ!」と観客の気持ちに火をつけるAGの言葉に応え、その場で飛び跳ねる観客とともに大きな一体感を作ってみせる。

「Spinless Black」ではmasatoとAGのデュエット、ラップの掛け合いが実現した。masatoとガシッとハグを交わし、「めっちゃ楽しい!」と声を上げたAGが「Better Days」で観客全員がジャンプする光景を見ながら、「これが生きる理由だろ!」と快哉を叫んだ瞬間、NOISEMAKERのステージはクライマックスを迎えたと思うのだが、もちろん、そんな幸福感の中、終わる彼らじゃない。



そこからさらに一転、コロナ禍の影響で<KITAKAZE ROCK FES>が2年連続で中止になり、正直もうダメだと思ったものの、仲間に支えられもう一度挑戦してみようと思ったというこの3年間の経緯をAGが語ってからの後半戦は、「3年間、指をくわえて待ってたわけじゃねえ。3年分食らっとけ!」とAGが言い放ったように、その3年の間に、よりタフになったバンドの姿とともに持ち前の不屈の闘志を見せ付ける、ある意味、リベンジの時間だったと言ってもいい。

「SPEAK UP」「NAME」、そして「To Live Is」。声を出せない観客をジャンプさせるという新たな武器を、NOISEMAKERが手に入れたことを印象づけた3曲は、迷いや悔しさの中で生まれてきた曲にもかかわらず、どの曲も音楽として美しいところが素晴らしい。「生きるということ…」といういつもAGが「To Live Is」の導入部でやるスポークンワードを、この日、AGは「倒れても3度目に立ち上がるということ。おまえらと死ぬほど音楽を楽しむこと!」と締めくくったのだが、生きることを謳い上げたその「To Live Is」で再び観客全員をジャンプさせた瞬間、この3年間のリベンジはついに成就した。しかし、リベンジで終わらないのもまたNOISEMAKERだ。





「指を刺されても一度きりの人生だ。思ったとおり生きよう。日本中を巻き込む明るい風を起こそうぜ」──AG

この日、NOISEMAKERが最後に演奏したのは、「Nothing To Lose」。光を纏ったようなサウンドを鳴らすアンセミックなロックナンバーが印象づけたのは、失うものは何もないというタイトルどおり、喜怒哀楽さまざまな感情を表現した50分のカタルシスを経て、今一度まっさらになったバンドの姿だったのだ。



取材・文◎山口智男
撮影◎TAKASHI KONUMA

【NOISEMAKER セットリスト】

01. Hunter or Prey
02. SADVENTURES
03. CROWN
04. Something New
05. Spinless Black feat. Masato
06. Better Days
07. SPEAK UP
08. NAME
09. To Live Is
10. Nothing to Lose

◆BARKS内<KITAKAZE ROCK FES. 2022>特集

■ NOISEMAKER主催フェス<KITAKAZE ROCK FES. 2022>

5月28日(土) 北海道 札幌芸術の森 野外ステージ
5月29日(日) 北海道 札幌芸術の森 野外ステージ
open11:30 / start13:00
【28日出演者】
NOISEMAKER / coldrain / dustbox / FOMARE / KOTORI / HEY-SMITH / HIKAGE
【29日出演者】
NOISEMAKER / KNOCK OUT MONKEY / ROTTENGRAFFTY / The BONEZ / TOTALFAT / SHADOWS / CVLTE
▼チケット
入場券:通し入場券 ¥12,000(税込) / 28日入場券 ¥6,500(税込) / 29日入場券 ¥6,500(税込)
駐車券:通し駐車券 ¥1,000(税込) / 28日駐車券 ¥500(税込) / 29日駐車券 ¥500(税込)

この記事をツイート

この記事の関連情報