【インタビュー】Mrs. GREEN APPLE、約2年ぶり『Unity』完成「嘘がないように、今のありのままを届けたい」

ツイート

■変わってしまったところ、変わらないところ
■変われなかったところ、いろんな今が観られる

──そして残り2曲は、『Unity』がリリースされてリスナーは初めて耳にすることになると思いますが、まず「君を知らない」を聴いた率直な印象は、ボーカルの大森さんだけでなく、若井さんはギター、藤澤さんはキーボードと、それぞれの楽器で3人ともが歌っているように聴こえたんです。

若井:わぁ、そうですか。

藤澤:それは嬉しいですね。

大森:この曲は、「ニュー・マイ・ノーマル」より前に、何となくの形では作っていたんです。歪んだ愛情だったり、そういう題材がすごく面白いと思ったので、どうしても『Unity』に入れたくて、そこから本腰を入れてアレンジしました。1番サビ後の間奏に若井のギターがあって、元々は2番のサビの後も、実は普通にそのままギターリフが続いていたんです。でもこれはやっぱり1番と2番でモチーフとなる楽器を変えようと思って。それが3人編成になった今のミセスならではのアレンジだと感じたんです。フレーズ自体は、ギターのリフと同じリフレインなんですけど、まずギターが担って、次にキーボードが担うっていう曲は聴いたことないなと思って、そこからアレンジをしていきました。曲の題材が、一人のこじんまりとしたものでしたから、その分、バンドのアンサンブルに求めるものは大きくて。それで、サポートメンバーさんも含めて、僕以外のメンバーでスタジオに入ってもらってアンサンブルを練ってもらったりして、曲の温度感をとても大事に作っていきました。


藤澤:その元貴抜きのスタジオで、実は先ほど話したように、「この曲は歌を大切に考えて、歌にバンドが寄り添うような、熱量を一歩引いた演奏がいいんじゃないか」って、スタジオでアンサンブルを固めていたんですけど……。

大森:丸一日かけて固めた次の日に(笑)。

藤澤:大森先生に来ていただいて(笑)。そこで演奏を聴いてもらったら、「いやいや、そうじゃない。何をやってるんだ」と(笑)。

大森:みんなは頭で考えて、左脳的な部分でこの曲と向き合っていたんですよ。でも、歌詞を読んでもらえるとわかると思うんですけど、題材的にはもっと右脳じゃないといけないという話をみんなにしたんです。アレンジ自体はきれいにまとまっているんだから、マインドの部分で“ここは元貴に譲ろう”とか、そんなことをしなくてよくて。バンドがものすごく強いパワーでいてくれたほうが、僕もボーカルとしてみんなと勝負出来るから、そういうヒリヒリ感の中でこの曲を録りたかったんです。だからスタジオで、「頭で考えるな」という話をして。

若井:じゃあ、各々が持っている「君を知らない」の歌詞にリンクする感情を思いっきり演奏にぶつけてみようということになって。

藤澤:そうだったね。それで、まずは話し合いをして。

若井:うん。「この歌詞のところは、オレはこう思うんだよね」みたいなことを全員で話して。そこから演奏がどんどん良くなったし、そこでアンサンブルが一気に固まった気がしました。

──そういったやり取りがあったからこそなんでしょうが、やろうと思えば、いくらでも普通のバラードにもできる曲を、あえてありきたりな方向性に行かないあたりが、とてもミセスらしくもあると同時に、これが新しいミセスなのかとも思える、何か不思議なテイストでした。

大森:そうなんですよ。しかも、例えばガーッと歪んだギターで、みんなで“せーの!”で演奏すれば、全然エモロックにもなるし。だから、自分でもジャンルがわからない曲なんです。でも音源に収めたこのアレンジが、今のミセスなのかなって思います。


▲『Unity』通常盤

──そしてラストを飾る「Part of me」についてはどうですか?

藤澤:この曲は、元貴が珍しく……というか、今までにないくらいデモ作りにものすごく時間をかけていて。これまでって、まずデモを作って、そこから“どう曲を広げていこうか?”と考えていく流れだったんですけど、そもそもの歌詞と曲のベースとなる楽器のラインを並べる作業段階で、元貴がとてもこだわって作っていて。その様子を見ていたからこそ、レコーディングでは演奏者として、ものすごく責任やプレッシャーを感じました。ピアノのフレーズそのものは、いわゆる演奏テクニック的にめちゃくちゃ難しいとかってわけではないんですよ。でも、この曲で元貴が歌おうとしていること、それこそ1つのコードに対して、そこで歌っていることは一体どういうことなんだろうと考えた時に、ほんのわずかでも自分の気持ちにブレがあるとこの曲をきちんと表現できないと思ったんです。ですから、本当にレコーディングの最後の最後まで、表現するってどういうことなんだろうと考えながらピアノと向き合った曲でした。2番からはギターも入ってくるんですけど、レコーディングも実際に2人で、息を合わせながら演奏をして。

若井:そうそう。2人だけで一緒にスタジオに入って同時に録るのって、初めてだったよね。

藤澤:そうだね。それも今の自分たちだからこそできたスタイルなのかなって、レコーディングしながら、そう感じました。

若井:僕は2番から入っていって、最初は指弾きの優しいタッチでギターを弾いていて、途中からファズっぽい歪んだ音で重ねていくんですけど、僕は僕で、各セクションでの感情の揺れをギターでどう表現したらいいんだろうという点にものすごく向き合いました。涼ちゃんも言っていましたけど、元貴が本当に時間をかけて、頭を抱えながら作っていたので、その分、自分たちがどういう演奏でこの曲を表現するのが正解なのか、そこをものすごく考えて挑んだレコーディングでした。

──大森さん自身は、これまでも歌詞やメロディを書く際、幾度となく生みの苦しみを味わってきたと思いますが、「Part of me」での苦悩は、“フェーズ1”でのものとはまた違うものでしたか?

大森:フェーズの違いと関係があるのかどうかはわかりませんが、「Part of me」に関しては、他の曲とは圧倒的に違う感覚でしたね。この曲で書かなければいけないと思った題材はかなり大きなもので、そこに向き合ってみたら……レコーディングスケジュールを初めて飛ばしたんですよ。ミセス史上、それは初めてのことで。

──それは、納得いく歌詞が書けなかったということ?

大森:書けないわけじゃないんだけど、題材の中に僕がスーッと入っていっちゃうと、僕のメンタルがやられるのが先か、曲ができるのが先かというようなサバイバルゲームが始まってしまうように思えて、これはヤバいと思ったんです。

──心の奥底を突き詰めていく中で、そこに自分自身が飲み込まれてしまいそうだった、と。

大森:それで、レーベルの人に付き添ってもらって曲を制作するという、初めてのことをやったんです。それくらいのところまで、気持ちがグーッと落ちていって。本当にその時は、水も飲まないで、修行僧みたいな状態でこの曲を書いていたんですよ。だからそれを横目で見ていた2人は、ものすごいプレッシャーに感じただろうなと思います。でも、この曲も嘘偽りは一切ないし、外側へアプローチする他の曲がすごく派手になっていく分、振り子の反動のように自分の内側にあるコアな部分をより強く示していかなきゃいけないというか、自分たちに対してもそれを叩き込んでいかなきゃいけないという意味で、今、このタイミングで「Part of me」を歌うべきだと思っていたので、そこまでしながら歌詞を書き上げたんです。

──そういう苦悩の中で、歌詞が書けない、あるいは“いや、これじゃない”という時と、“これで完成した”と思える時との境界線、もっと平たく言えば、“よし!”と満足できる歌詞と、“ダメだ”と思う歌詞の判断基準って、大森さんの中ではどういうものなのですか?

大森:そうですね……逆の基準で説明するなら、“これは別に僕が書かなくていいな”と思うものは歌わない、ということです。“この歌詞は、僕じゃなくても、きっとどこかの誰かが歌っているだろうな”っていうものではない、自分が書くべき言葉を探すことが今の自分の中での基準ですね。前までは、鮮度が基準だったんですよ。できた曲、フレーズ、歌詞、その時に思い浮かんだものすべてが美しいという美学で鮮度を大事にしたから、例えば「青と夏」は2時間で作ったし、「点描の唄」は30分で作り上げました。そんなタイム感でずっと進んできたんですけど、今回は鮮度ではなく、純度を大事にしたいと思って、初めてその基準を掲げたんです。もちろん、どちらがどうという話ではないんですけど、純度を大事にするからには、ベターな言葉ではなく、自分の中で圧倒的にベストと言えるような言い回し、フレーズ、メロディを探していく作業をして。


▲<Mrs. GREEN APPLE ARENA SHOW "Utopia" supported by PIA 50th Anniversary>

──なるほど。そのサウンドが、ミニ・アルバム『Unity』のエピローグであるのと同時に、次なるフル・アルバムのプロローグでもあるかのような、そんな期待感にもつながりました。そしてこれら『Unity』の収録曲もきっと披露されるであろう“フェーズ2”初ライブが、いよいよデビュー記念日の7月8日に迫っています。最後に、このライブを心待ちにしているファンのみなさんに3人からメッセージをお願いします。

若井:直接ファンのみなさんと会うのは、本当に2年半ぶりくらいなので、まず何よりも「ただいま」と「ありがとう」を伝えたいなと思っています。今回のライブは、ものすごくビックリする……あ、これは言っちゃいけないのか(笑)。えっと、楽しみにしていてください(笑)。

藤澤:あはは(笑)。当日、会場に来てくれる方々はもちろん、ライブビューイングだったり、配信だったり、いろんなスタイルで見てくれるみなさん全員に楽しんで欲しいですし、ずっと昔から応援してくれている人たちも、活動休止期間中にミセスを知ったよっていう人たちにも、みんなに喜んでもらえて、心から楽しんでもらえる、そんなライブにしたいと思っています。

大森:“フェーズ2”になって、変わってしまったところと、変わらないところ、そして変われなかったところ、そういった“今”のミセスのいろんな部分がみられるライブになると思うんですよ。もちろん、“どんなライブになるんだろう”って不安な気持ちで会場に来られる方や、画面に向かう方もたくさんいらっしゃると思うんですけど、僕ら自身、まったくもって同じ不安な気持ちを抱えている中で(笑)、だけど希望を持ってステージに挑もうとしているので、ものすごいエネルギーが渦巻くライブになるんじゃないかなって思っています。セットリストに関しては、もう絶対に誰も想像できないようなものになっていて。昨日も「こんなセトリ、誰も予想できないよね」って3人で話してたんですよ。だから本当に、7月8日をみんな楽しみにしていて欲しいなって思っています。

取材・文◎布施雄一郎

■デジタルリリース

▼ミニアルバム『Unity』
2022年7月7日(木)0:00配信開始
https://lnk.to/unity_mga

▼デジタルシングル「ブルーアンビエンス(feat. asmi)」
2022年6月14日(火)0:00配信開始
https://lnk.to/mga_ba

▼デジタルシングル「ダンスホール」2022年5月24日(火)0:00配信開始
https://lnk.to/mga_dh

▼デジタルシングル「ニュー・マイ・ノーマル」
2022年3月18日(金)21:00配信開始
https://lnk.to/mga_nmn

■ミニアルバム『Unity』

2022年7月8日(金)リリース
【完全生産限定盤(CD+DVD+GOODS)】UPCH-29432 ¥6,600(税込)
※BOX仕様:縦241mm 横193mm 高さ64mm
【初回限定盤(CD+DVD)】UPCH-29433 ¥2,530(税込)
※2折デジパック仕様:トールサイズ
【通常盤(CD)】UPCH-20620 ¥1,980(税込)

▼CD収録内容
1. ニュー・マイ・ノーマル
2. ダンスホール ※フジテレビ系全国28局ネット『めざまし8』テーマ曲
3. ブルーアンビエンス(feat. asmi) ※ABEMA『今日、好きになりました。』主題歌
4. 君を知らない
5. 延々 ※ゲームアプリ『炎炎ノ消防隊 炎舞ノ章』テーマソング
6. Part of me

▼完全生産限定盤GOODS
(1) ビッグシルエットTシャツ (ワンサイズ)
(2) スマホloopリボンストラップ&ステッカーセット(ステッカー7種)

▼完全生産限定盤 / 初回限定盤特典DVD
「ニュー・マイ・ノーマル」Music Video(Album Edition)、フェーズ2開幕への歩みを追ったドキュメント映像ほか収録予定


▼チェーン別オリジナル特典
・ユニバーサルミュージックストア:告知ポスター(B2)& クリアファイル(B5)
・タワーレコード:ポスター タワーレコードver.(B2)
・HMV:ポスター HMV ver.(B2)
・TSUTAYA:ポスター TSUTAYA ver.(B2)
・セブンネット:モバイルスタンドキーホルダー
・楽天:アクリルキーホルダー
・amazon:メガジャケ
・応援店特典:ポストカード
※応援店特典は、オリジナル特典が付く店舗、オンラインショップは対象外となります。
※特典は先着となり数に限りがございます。
※特典は一部取り扱いのない店舗がございます。ご予約の際ご確認ください。

■<Mrs. GREEN APPLE ARENA SHOW "Utopia" supported by PIA 50th Anniversary>

2022年7月8日(金) 神奈川・ぴあアリーナMM
open17:30 / start19:00
▼チケット
全席指定¥9,200 (前売・税込)
※記念すべきデビュー日にフェーズ2初となる一夜限りのアリーナ公演開催
※全国映画館でのLIVE VIEWING、PIA LIVE STREAMでの生配信、WOWOWでの生中継が決定
https://mrsgreenapple.com/contents/530414

■<Mrs. GREEN APPLE プライム会員限定 特別ライブ>

Amazon「プライムデー」:7月12日(火)〜13日(水) 48時間
プライム会員限定 特別ライブ:7月19日(火)実施 ※抽選で250組500名をご招待
※詳しくはキャンペーン詳細ページにて
Amazon Music Japanチャンネル:https://www.twitch.tv/amazonmusicjp
キャンペーン詳細ページ:https://www.amazon.co.jp/b/?node=10523766051



◆インタビュー【3】へ戻る
◆インタビュー【1】へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報