キテレツ極まる、たこ焼きギター誕生

ツイート

宇都宮『餃子ギター』、仙台『笹かまギター』に続くご当地ギターの大阪版として、『たこ焼きギター』が誕生した。カセットこんろでお馴染みのIwataniと山野楽器のコラボレーションにより誕生したというエレキギターだ。

そもそもこの「ご当地ギター」は、山野楽器社長自らが、ご当地ギターを通して音楽の楽しみとともに喜びを伝えたいという想いから企画されてきたもので、今回はその第3弾にあたる。「地域活性化と音楽の楽しさを伝える」というご当地ギターのコンセプトと、みんなでわいわい楽しくたこ焼きを作ることができる「炎たこ」を販売するIwataniの両者がタッグを組んだ形で、たこ焼きギターは生を受けた。ちなみにIwataniは大阪発祥の企業である。



8月8日の「たこ焼の日」に発表されたたこ焼きギターは2台製作され、山野楽器 ロックイン難波(大阪・中央区 なんばシティ)とIwatani Outdoor Shop BASE(大阪・中央区 イワタニ第二ビル)にてそれぞれ展示される予定だ。

たこ焼器「炎たこII」の外観を見事に表現しているが、それもそのはず、ボディは「炎たこII」の筐体がそのまま使用されている。そのものなのだから、そっくりなのではなくてまんまなのだ。とは言え、もちろんエレキギターとしてきちんと動作し、きっちり音も出る。本来炎が出る部分は青いLEDでゆらぎを表現し、まるでたこ焼きを焼いているような熱いプレイを見た目でサポートする(と解釈)。ブラックボディはタコの墨を表現、表面のたこ焼きはリアルな商品サンプルが用いられている。レスポールがメイプルトップ&マホバックであれば、こいつはたこ焼きトップ&ガスコンロバックというわけだ。


気になるギターとしての機能だが、現時点で詳細は一切不明。金属ボディであり、たこ焼きトップという構造上、通常のマグネットピックアップの搭載は難しそうなので、ブリッジ下にピエゾを仕込んでいるのかもしれない。コントロール系も詳細は不明だが、どれかのたこ焼きがボリュームやトーンを担っているのではないか。火力調整つまみがボリュームになっていると考えるのが妥当であろうか。全てのたこ焼きにプッシュ/プッシュスイッチが付いていたら楽しいのだけど、そんな無駄な機能はないだろう。

もちろん『たこ焼きギター』はコラボ企画で製作されたもので販売の予定はない。わかっていると思うが、あくまでギターなので、たこ焼きを焼くことはできない。

文◎烏丸哲也(JMN統括編集長)



※編集部註:当初1点ものとの表記がございましたが、正しくは2台製作されています。修正してお詫びいたします。(2022年8月8日15時)

◆『たこ焼きギター」展示

※8月9日(火)より展示予定

山野楽器 ロックイン難波 
住所:〒542-0076 大阪市中央区難波5-1-60 南海なんば駅なんばシティ南館2F
https://www.yamano-music.co.jp/shops/rockinn-namba/
※8月17日(水)は店休日。

岩谷産業 Iwatani Outdoor Shop BASE
住所:〒541-0052 大阪市中央区安土町3-2-14 イワタニ第二ビル1階
※本町駅1番出口から徒歩約3分
営業時間:平日11:00-19:00
定休日:土、日曜日、祝日、年末年始休暇、2022年8月13~21日 他
http://www.i-cg.jp/base/

◆たこ焼きギター特設サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報