映画『HiGH&LOW THE WORST X』完成披露試写会で 川村壱馬・吉野北人・中本悠太・三山凌輝がコラボ曲披露

ツイート

映画『HiGH&LOW THE WORST X』が9月9日に公開されることを記念して、8月24日、25日に神奈川・横浜アリーナで<「HiGH&LOW THE WORST X」完成披露試写会&PREMIUM LIVE SHOW>が行われた。

◆イベント画像(50枚)

2日間3公演でライブビューイング、生配信(24日のみ実施)を合わせて約5万人を集めた。完成披露試写会に続いた『PREMIUM LIVE SHOW』では、主演の川村壱馬が所属するTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEを筆頭に、BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE、PSYCHIC FEVER from EXILE TRIBE、DEEP SQUADなど劇中曲を担当したアーティストが勢ぞろいしてライブを披露。

THE RAMPAGEのボーカル・IKUは、初ソロ曲「Stand by you」を初生パフォーマンスした。さらに、ファイナルとなった25日の夜公演では、それまでVTR出演していた須嵜亮を演じた韓国のボーイズグループ NCT 127の中本悠太(YUTA)がサプライズ出演し、川村壱馬、吉野北人(THE RAMPAGE)、中本悠太、三山凌輝(RYOKI/BE:FIRST)によるクロスオーバー楽曲「Wings」を4人揃って初生パフォーマンスしてファンを熱狂させた。


『PREMIUM LIVE SHOW』のオープニングには、THE RAMPAGEの川村壱馬、吉野北人、龍、鈴木昂秀、藤原樹、陣、長谷川慎が劇中衣装で登場。川村演じる花岡楓士雄のキメゼリフ「行くぞ、テメェらー!」の掛け声でTHE RAMPAGEの16人が集合し、本作の主題歌「THE POWER」のパフォーマンスで会場を圧倒。グループ内ユニットのMA55IVE THE RAMPAGEの「RIDE OR DIE」や前作主題歌「SWAG & PRIDE」までの6曲で会場を熱気で包んだ。

ライブには映画のキャスト陣も参加。キャストと劇中曲を担当するアーティストがトークでクロスオーバーする構成になっており、BALLISTIK BOYZのパートには鈴蘭男子高校の三上ヘンリー大智、板垣瑞生、高橋祐理と、鳳仙学園の塩野瑛久、小柳心、荒井敦史らが登場し、映画と現実世界を繋いだ。


後半セクションのトップバッターにはPSYCHIC FEVERが登場して、クライマックスの激しいアクションシーンの映像をバックにエモーショナルな「WARRIORS」を熱唱。DEEP SQUADは「Pouring rain」で美しいハーモニーを響かせ、THE RAMPAGEのRIKUは自身で作詞を手掛けた初ソロ曲「Stand by you」をドラマティックに歌い上げた。


鬼邪高校の川村壱馬、吉野北人と敵対する瀬ノ門工業高校の中本悠太と三山凌輝は、それぞれがボーイズグループのメンバーという共通点を持っているが、その4人が劇中曲を担当した「Wings」を初パフォーマンスするのが本イベントの目玉。韓国在住の中本は初日夜、2日目昼公演ではVTRでの共演となったが、ファイナル公演ではサプライズで生登場。歌い終えると大きな拍手の中、熱いハグを交わして、「やっと4人で歌えた」(吉野)、「泣きそう、だって中本いるんだよ!」(三山)、「まさか来てくれるとは」(川村)と感動を分かち合った。


後半戦はTHE RAMPAGE「The Typhoon Eye」で一際盛り上がると、「TOP OF THE TOP」には三山も参加。川村と肩を組んだり、陣とダンスバトルを繰り広げただけでなく、ラップパートもガッツリ歌唱。「JUMP」ではキャスト陣も大集合し、会場が一体となってジャンプし、ラストの「Fallen Butterfly」ではアーティストとキャストが横浜アリーナの花道を練り歩いてファンの近くでアピールした。

最後の挨拶では、このライブ後にタイに拠点を移して6カ月間の武者修行を行うPSYCHIC FEVEとBALLISTIK BOYZが「タイに行く前の最後のライブを先輩方と豪華なキャストの皆さんとできたことを嬉しく思います。今日、皆さんからいただいたパワーとエナジーでこれからの活動頑張ります。行ってきます!」(砂田将宏)と、元気に別れの挨拶を交わす場面も。


キャスト陣は、「皆さんと一緒の空間が作れて何より幸せ。ありがとうございます。全員が魂を込めて作った渾身の作品。たくさんの方に愛してほしいです。9月9日の映画公開以降も盛り上げてください」(川村)、「作品が完成し、ライブもできてありがたいです。制限された中でこのようなことができるのは、当たり前ではない。改めて感謝を感じました」(三山)、「右も左も分からない中ですごく不安だったけれど、こんなに素敵な仲間と素敵な作品を作ることができて嬉しいです。僕は16歳で韓国に渡り10年を過ごしました。久しぶりに仲間と同じ時間を共有し、僕にとっては青春そのものの作品になりました。素敵な仲間とこの作品を作れたことを誇りに思います」(中本)とファンに感謝を伝えた。

コラボ曲「Wings」をはじめ、川村が花岡楓士雄に、吉野が高城司に扮してTHE RAMPAGEの映画主題歌を歌う姿が見られるなど、リアルと映画の世界がクロスした貴重なライブ。アーティストだけでなく、キャスト陣もライブという異世界空間を存分に楽しんでいた模様。出演者も観客も笑顔の絶えない、楽しいライブとなった。

アーカイブ情報

■内容:2022年8月24日(水)公演
※映画本編の配信はありませんので、あらかじめご了承ください。
■アーカイブ配信期間:9月7日(水)18:00〜9月11日(日)23:59
※ライブ配信とアーカイブ配信では一部映像が異なる部分がございますので、あらかじめご了承ください。
■視聴チケット:¥3,500
■チケット販売期間:~9月11日(日)22:00


【配信プラットフォーム】
CL:https://www.cl-live.com/programs/live/cPmfG3bKDG1p7MeFGQZ91h 
Huluストア:https://bit.ly/3dBFsgS
BALON STREAM:https://baronstream.com/channel/cbp2jfj0hc6bmkfbqe30
Zaiko(ローチケLIVESTREAMING):https://l-tike.com/theworstx-live/
Zaiko(日テレゼロチケ):https://l-tike.zaiko.io/e/theworstx-zero
この記事をツイート

この記事の関連情報