レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、MTV VMAsで2部門受賞「ブラザー、テイラー・ホーキンスに捧げる」

ツイート
Photo by Sandy Kim

レッド・ホット・チリ・ペッパーズが、日曜日(8月28日)、アメリカで開催された<2022 MTVビデオ・ミュージック・アワーズ>で特別賞のグローバル・アイコン・アワードを受賞した。ドラマーのチャド・スミスはこれを、今年3月に急逝したテイラー・ホーキンスと彼の家族へ捧げた。

◆レッド・ホット・チリ・ペッパーズ動画、画像

ステージに上がった彼はトロフィーを手に、こう話した。「もう1人、ミュージカル・アイコン、グローバル・アイコンがいる。彼の名は俺のブラザー、テイラー・ホーキンスだ。俺はこれをテイラーと彼の家族に捧げたい。俺は彼を愛してる。毎日、彼のことを恋しく思ってる。飛べ、ホーク。飛べ、ブラザー」

スミスはまた、授賞式でパフォーマンスした際、ホーク(鷹)の姿にTAYLORと描かれたドラムヘッドを使用していた。

ベーシストのフリーのスピーチではさらに愛が拡大され、彼はバンド・メイト、家族、オーディエンスに加え、「俺はゴキブリ、埃、木々、全人類、海、そこにいる魚、鹿、その角、鳥、空、愛を愛してる」「愛でないなら、全て臆病さゆえだ」と話した。アンソニー・キーディスはMTV、地球、地球にいる人たちに謝意を述べた上、この40年間彼の人生に目的を与えてくれたと、バンド・メイトのフリー、スミス、ジョン・フルシアンテへ感謝している。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズはこの日、グローバル・アイコン・アワードに加え、「Black Summer」で最優秀ロック・ビデオ賞を受賞。同部門では、フー・ファイターズの「Love Dies Young」、ジャック・ホワイトの「Taking Me Back」、ミューズの「Won't Stand Down」、シャインダウンの「Planet Zero」、スリー・デイズ・グレイスの「So Called Life」も候補に挙がっていた。

フー・ファイターズは昨年の<MTVビデオ・ミュージック・アワーズ>でグローバル・アイコン・アワードを受賞している。





Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報