【速レポ】<JOIN ALIVE 2022>PassCode、「一緒に、音楽を大事に、進んでいけたらいいと思っています」

ツイート

SEが流れ始めると同時に、ブルーのライトが幻想的な光の帯を作る。だが次の瞬間、激しいシーケンスリズムと、照らしまわすスポットライトや点滅するストロボ。客席エリアを埋め尽くしたオーディエンスからはハンドクラップも鳴り響き、あとは主役の登場を待つばかり。そんなVELVET CIRCUSのステージに14時25分、ついに現れたのはPassCodeだ。

◆PassCode ライブ写真



「PassCode、始めます」南 菜生の宣誓で始まったのは「MISS UNLIMITED」。記念すべきメジャーデビューシングルの表題曲だ。PassCodeの熱心なファンからその選曲に一段と大きな拍手が巻き起こる。その拍手をかき消すように、有馬えみりがド迫力のデスボーカルを轟かせた。そこからメインボーカルで歌うのは南。しかし大上陽奈子、高嶋 楓とめまぐるしくメインボーカルが入れ替わる。



「別に様子見でも休憩でもいい。最後にはその手を絶対にあげてもらう。みなさん、手をあげられますか? 手をあげろー!」

曲中には、かわいい顔から想像できない激しい煽り文句も食らわせるPassCode。しかし煽られる前から手をあげるだけじゃなく、ハンドクラップやジャンプなど、ステージの4人に負けじと激しいレスポンスを見せるファン。歓声など声が出せないだけで、熱気も熱量も何らコロナ前と変わらない。「DIVE INTO THE LIGHT」、さらに「Taking you out」を叩きつけ、PassCodeの激しさにも拍車が掛かるばかり。

南、高嶋、大上のボーカルにはオートチューンも掛かり、曲の持つ多面性のひとつ=EDM要素をさらに強く彩る。しかしながら、そこに有馬の地の底からのうめき声、あるいは地鳴りを思わせるストロングなデス声が鳴り響くと、強烈な化学反応が目の前で炸裂。PassCodeの楽曲やサウンドに混ざりこんだ全ての要素が魔性の魅力を放ち出す。



PassCodeのダンスやパフォーマンスもまた魔性である。激しく点滅するライトの中、4人が上半身をうねらせながらフォーメーションを決めると、それは大蛇のようでもあり、ときには飛翔する竜のようでもある。そして有馬はお立ち台に飛び乗ったり、足を掛け、まるで呪い殺すような手つきで、熱心なファンたちをノックアウト。

もちろんそういった激しさばかりでなく、もともと美貌と可憐さと色気を持ち合わせたPassCodeの4人だ。曲の一瞬ごとにそうした様々な魅力を変幻自在に切り替えていく。視線を奪われ、身を捧げるようにライブに没頭するファンやオーディエンスが、彼女たちの前に広がっていた。


「2020年、ライブが全くできなくなって、音楽は不急不要と言われました。そんなとき、それでもあなたたちがが不要不急と言わなかったから、今日も<JOIN ALIVE>が開催できています。本当にありがとうございます。少しずつかもしれない。でも今日、開催できていることが、私たちのすごく大きな希望になっています。この先どうなっていくか分からないけど、一緒に音楽を大事に進んでいけたらいいと思っています。手伝ってくれますか。また北海道に戻って来たときは、もっともっとたくさんの人に観てもらえるように、もっともっと観たいと思ってもらえるように頑張るので、これからもどうぞ、よろしくお願いします」

そう言いながらPassCodeがみんなに贈ったナンバーは「Anything New」。“走り出せ”“はじめよう”など、未来に向かうためのメッセージがこめられたナンバーだ。誓うように手をあげるオーディエンス、笑顔を見せながら歌う4人。明るい未来を描き出すようなポジティヴさでいっぱいのエンディングとなった。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎柴田恵理

<JOIN ALIVE 2022>

日程:2022年9月3日(土)、4日(日)
時間:開場 9:00 / 開演 11:00 / 終演 20:30予定 ※雨天決行
会場:北海道・いわみざわ公園〈野外音楽堂キタオン&北海道グリーンランド遊園地〉(北海道岩見沢市志文町794番地)

この記事をツイート

この記事の関連情報