<JOIN ALIVE 2022>は音楽の天国でした。

ツイート

思い思いの音楽の楽しみ方を知っている、素晴らしいフェス民が集う<JOIN ALIVE>だった。混乱を期すこともなく、思い切り腕を振り上げてライブを楽しみながら、YAMAHA&BARKS楽器人のコラボブースにも気軽に立ち寄り、カメラを向けると絶品のポーズで応えてくれる天国のような2日間が繰り広げられた。

ライブは演者とリスナーの両者で作り上げるものと言うが、フェスこそそこに集うお客さんが作り上げるものだということが肌身に染みて伝わってきた。主催者やスタッフ、関係各社、そして出演アーティストが忘れられない興奮と感動の2日間にしたいと願い、それを信じる思いは淀むことなくお客さんに伝わって、多幸感あふれるかけがえのないひとときが会場全体に積み重なっていく。年齢も性別も国籍も飛び越えて、<JOIN ALIVE>はそのまま希望と喜びとなって自然に笑顔を生み出してしまう魔法のフェスティバルとなっていた。

2023年7月15日(土)&16日(日)、またここ岩見沢の地でお会いしましょう。

文◎烏丸哲也(JMN統括編集長)
















◆<JOIN ALIVE 2022>BARKS特設ページ
◆<JOIN ALIVE 2022>オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報