『ザ・ビートルズ:Get Back』、エミー賞5部門を受賞

ツイート
Photo by Ethan A. Russell (C) Apple Corps Ltd.

週末(9月3~4日)、第74回プライムタイム・クリエイティブ・アーツ・エミー賞が開かれ、ピーター・ジャクソンが監督したザ・ビートルズのドキュメンタリー『ザ・ビートルズ:Get Back』が5部門を受賞した。

◆ザ・ビートルズ画像

『ザ・ビートルズ:Get Back』は、ドキュメンタリー/ノンフィクション・カテゴリーの作品賞、監督賞(パート3にて)、編集(ピクチャー・エディティング)賞、音響編集(サウンド・エディティング)賞、音響(サウンド・ミキシング)賞に輝いた。ノミネートされていた全部門を制覇した。

5部門受賞は『Adele One Night Only』や『ユーフォリア/EUPHORIA』『ストレンジャー・シングス 未知の世界』『The White Lotus』と並び、今年のプライムタイム・クリエイティブ・アーツ・エミー賞における最多記録となる。

ジャクソン監督は、受賞のスピーチで「この映画の制作に関わった全ての人たちに感謝したい」「ポール(・マッカートニー)、リンゴ(・スター)、オリヴィア(・ハリスン)、ジュリアン(・レノン)、ヨーコ(・オノ)、ショーン(・レノン)の尽きることのない支援がなければ、これを作ることはできなかっただろう。彼らは常に支援と愛を持ち、そこにいてくれた。最後に、ザ・ビートルズに大感謝だ。60年にわたるあなた達のポジティブで、活気と喜びに満ちた……、あなた達の音楽はあまりにも感銘深く、僕らのDNAに組み込まれていると僕は思う」と話したという。



Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報