【コラム】マーケット、ワークショップ、フード etc.── <朝霧JAM>に溢れるライブ以外の魅力

ツイート


今や、フェスやイベントといった体験型エンターテイメントは全国各地で毎週末のように開催されているが、2022年10月8日(土)~ 9日(日)に富士山麓 朝霧アリーナ・ふもとっぱらで開催される<朝霧JAM>は、五感すべてが刺激される日本屈指のキャンプ・イン・フェスである。目前に富士山を臨む大自然に包まれた朝霧高原にひとたび身を置けば、「RAINBOW STAGE」「MOONSHINE」という大小2つのステージで繰り広げられる洋邦交えたライブとともに(【コラム】4年ぶりの開催迫る<朝霧JAM>、出演アーティストの見どころ)、メニュー豊富なフェスごはん、魅力的なマーケット、思い出作りにぴったりのワークショップも目移りするほど充実している。本稿では、そんな朝霧JAMに溢れるライブ以外のたくさんの魅力を紹介したい。



日常からの開放感でいっぱいになる朝霧JAMでは、大人も子供も、心の動くままにアクティビティやワークショップを体験してほしい。そんな朝霧JAM最大の名物アクティビティが、メインステージ「RAINBOW STAGE」エリアでおこなわれる数千人規模のラジオ体操だ。今年は、「エビカニクス」でお馴染みのケロポンズがフィーチャリング参加。ちなみにケロポンズが2017年出演の際に、朝霧JAM実行委員長とラジオ体操で意気投合し、委員長のオヤジギャグにインスピレーションを得て作られた楽曲が「ツイてる!ツイてる!」ということ。この曲のパフォーマンスにも期待しよう。また、セカンドステージ「MOONSHINE」前広場で行われる朝ヨガも、自分を深く内観して最高の1日をスタートできる。



「MOONSHINE」のエリアに並ぶFLEA MARKETには、こだわりの品が並ぶマーケットが広がる。「fleaky」は、フェスだけで出会える旅するお店。手編みで作られているパラコードサンダルが大人気ということで、パラコード・ブレスレットのワークショップも体験できる。湘南の雑貨店「クロスロード」は、できるだけ自然素材を使用し、使うほど馴染んでくるモノを提供することでナチュラルで快適な暮らしを提案している。こちらのカリンバ作りのワークショップもフェスの思い出作りにうってつけ。「CIRCUS VINTAGE」も覗いてみたい。アパレル業界では年間100万トンの廃棄量があるとも言われているいま、世界中から古着を集めて販売しているお店だ。静岡の雑貨屋「orb」は、富士山グッズが盛りだくさん。オリジナルデザインでタイ、ネパールで製作し、フェアトレードアイテムを販売している。こんなふうにエコや世界の課題について自然に意識できるのもこのフェスならではの特別な機会だ。他にも、松ぼっくりに導火線とロウを付けエコでナチュラルな着火剤を作れたり、ジャグリングに挑戦できるなど、ユニークなワークショップが満載。

「fleaky」パラコード・ブレスレットのワークショップ体験イメージ

「クロスロード」カリンバ作りのワークショップ体験イメージ

「CIRCUS VINTAGE」ショップイメージ

「orb」ショップイメージ

さらに、秋の朝霧高原の雄大な自然をバックに、ウェディングフォトの撮影もできる。撮影中のカップルを毎回何組も見かけるが、周りのお客さんから自然と祝福の拍手が沸き起こるのも朝霧JAMに広がるなんとも気持ちのいいムードならでは。



ちなみに私が大好きなアクティビティは焚き火。ライブを満喫した充実感に満たされながら、陽が落ちると一気に冷え込んでくる会場に現れるキャンプファイヤの炎の流動をただ眺めるのは究極のチル体験だ。ふと鳴る「パチパチ」という音が心地いい。都会生活では味わえない非日常の贅沢な時間が流れる。雲の流れや太陽の動きといった自然の繊細な移り変わりを肌で感じながら、その一方で、時間帯ごとに目の前の景色が大きく様変わりする自然のダイナミズムに感動できるのは朝霧JAMの醍醐味だ。



ただでさえ空気がおいしい朝霧高原。地元で評判の飲食店を一堂に楽しめるのも大きな魅力だ。会場に着くとまっしぐらに向かうほど筆者がファンなのが、「高原のシチュー屋さん」。地元の牛乳と野菜で煮込んだクリームシチューは濃厚だが後味さっぱりで、朝霧に来た実感を覚える。富士宮産のにじますの塩焼きに惹かれる「ちさん屋」もおなじみだろう。名物・富士宮焼きそばやグルグルウインナーを提供する「CHAOS LAB」では、今年オープンした静岡醸造で朝霧JAM用にクラフトビールを作り提供するということ。さらにビール好きには、朝霧JAM、フジロックでしか醸造しないニホンミツバチのヘイジーIPA「JAM」を呑める「FUJIYAMA HUNTER’S BEER」も気になるはずだ。さらに、フジロックのチルスポット「ところ天国」も出店する。カレー、ナシゴレン、天国ナチョス、クラフトビールやイベント限定のオリジナルカクテルなどを提供予定ということ。そして、いくらお腹いっぱいになっても味わいたいのが、「ハートランド朝霧」の牧場手作りの「朝霧高原ソフトクリーム」。もちろん、緑豊かでじっくりキャンプできる炊事可能の「キャンプサイトB」では、自慢のキャンプめしを披露するのも朝霧JAMらしい過ごし方だ。



そんな本格的なキャンプ・イン・フェスにもかかわらず、選択肢が多くて参加しやすいのがこのフェスの特徴とも言える。家族連れにも人気の朝霧JAMは、小学生以下は入場無料(保護者同伴に限る)で、加えてペットも一緒に参加できるのだ。一方で、全国7都市からツアーバスで会場へ直行するバスプランや、新幹線や在来線の利用者向けに会場最寄り駅「新富士駅」から会場へ直行してくれるバスプラン、さらには、ツアーバス利用者限定でレンタルテントプランも用意されている。テントは事前に会場に設置されており、撤収も返却も必要ないのでとにかく便利。自前のテントがないため参加に二の足を踏んでいる方におすすめだ。ツアーバス利用者限定の宅配便サービスで、さらに身軽になることもできる。いずれも事前予約が必要で、受付が9月30日(金)17時までとなるのでオフィシャルツアーセンターを早めにチェックしてほしい。



この時期の富士山は、頂上から朝日が昇る「ダイアモンド富士」や、朝日や夕日で赤く染まる「赤富士」が有名だ。遂に4年ぶりに開催される朝霧JAMで、ぜひ拝めることを願っている。発表されたばかりのタイムテーブルを参考にライブを楽しみながら、今回紹介した朝霧JAMのたくさんの魅力を味わい尽くしてほしい。





文:堺 涼子

  ◆  ◆  ◆

<It’s a beautiful day〜Camp in ASAGIRI JAM'22>

2022年10月8日(土)、9日(日)静岡・富士山麓 朝霧アリーナ・ふもとっぱら
開場・キャンプ開始:10月8日(土)10:00〜
開演:10月8日(土)13:00〜 予定
終演:10月9日(日)20:00 予定

出演:
【10月8日(土)】
THE ALEXX / Cwondo / The Inspector Cluzo / Kamaal Williams / カネコアヤノ / 君島大空 / いとうせいこう is the poet with 満島ひかり / SPIRITUALIZED / Tempalay / VEGYN / YOGEE NEW WAVES / YONA YONA WEEKENDERS / 本門寺重須孝行太鼓保存会

【10月9日(日)】
ALFIE TEMPLEMAN / BIM&VaVa / BOHEMIAN BETYARS / Daichi Yamamoto /DJ KOCO a.k.a. SHIMOKITA / FANTASTIC NEGRITO / 羊文学 / 加山雄三 / neco眠る / never young beach / ROOT SOUL / STUTS [BAND SET] / Takuro Okada / yonawo

チケット一般発売:9月13日(火)12:00〜
場内駐車券、及びふもとっぱらオートキャンプ駐車券は完売のため取り扱いはありません。
その他券種は売り切れ次第販売終了となります。

受付券種:
・入場券(2日券)- ¥18,000 (1人 / 税込)
※ こちらのチケットでキャンプも行えます。
※ 小学生以下のお子様は保護者同伴に限り入場無料です。
・入場券(1日券)- ¥12,000 (1人 / 税込)
※ キャンプの利用はできません。
※ 小学生以下のお子様は保護者同伴に限り入場無料です。
※ 購入できる駐車券は場外駐車券のみとなります。
・ふもとっぱらパーク&キャンプ駐車券 (場外駐車場)- ¥8,000 (1台 / 税込)
・場外駐車券 - ¥5,000 (1台 / 税込)
※ 駐車券は、2名分の入場券と併せてのみ購入可能です。

受付:
イープラス https://eplus.jp/asagiri/
岩盤 https://ganban-asagiri.ocnk.net/
チケットぴあ https://w.pia.jp/t/asagiri2022/
ローソンチケット https://l-tike.com/asagirijam/
楽天チケット http://r-t.jp/asagiri

バスプラン:
各種バスプランの申し込みと合わせて入場券を同時に購入することができます。
満席になり次第受付終了となります。
受付中〜9月30日(金)17:00
コラボレーション:https://www3.collaborationtours.com/asagiri/

海外からの購入(in ENGLISH / 簡体字・繁体字):
受付期間(日本時間):9月13日(火)12:00〜10月7日(金)18:00
※売り切れになり次第販売終了となります。

受付券種
・入場券(2日券)- ¥18,000 (1人 / 税込)
※ こちらのチケットでキャンプも行えます。
※ 小学生以下のお子様は保護者同伴に限り入場無料です。
・入場券(1日券)- ¥12,000 (1人 / 税込)
※ キャンプの利用はできません。
※ 小学生以下のお子様は保護者同伴に限り入場無料です。
※ 購入できる駐車券は場外駐車券のみとなります。
・ふもとっぱらパーク&キャンプ駐車券 (場外駐車場)- ¥8,000 (1台 / 税込)
・場外駐車券 - ¥5,000 (1台 / 税込)
※ 駐車券は、2名分の入場券と併せてのみ購入可能です。

受付:イープラス https://ib.eplus.jp/asagiri22

詳細及び感染防止対策等の最新情報はオフィシャルサイトでご確認ください。

問い合わせ先:
朝霧 JAM オフィシャルサイト https://asagirijam.jp
SMASH 03-3444-6751
HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

この記事をツイート

この記事の関連情報