ジューダス・プリースト、ロックの殿堂式典でのメドレー披露を計画中

ツイート
Photo by Justin Borucki

今年のロックの殿堂でミュージカル・エクセレンス・アワードを受賞するジューダス・プリーストは、11月5日にロサンゼルスで開催される式典でパフォーマンスする予定だという。

◆スコット・トラヴィス動画

ドラマーのスコット・トラヴィスは米107.7 RKRラジオ局の番組『Rocker Morning Show』のインタビューで、式典でパフォーマンスするのかと問われると、こう答えた。「ああ、そのつもりだ。当然、パフォーマンスするアーティストがたくさんいるから、俺らに与えられた時間は限られている。だから、俺らはメドレーをやってみようと決めたんだ。プリーストの代表曲のいくつかをメドレーにする。俺ら、そういうのやったことがない。だから、興味深いものになるはずだ」

トラヴィスは、ジューダス・プリーストがとうとう殿堂入りすることについて「ものすごく光栄だ。俺はいつも、プリーストは最終的には殿堂入りするって思ってた」と話している。「ロックの殿堂入りと呼んでいるものに、ジューダス・プリーストが加わらないわけがない。俺らは何度か候補に挙がり、殿堂入りを逃していたが、俺は常に、プリーストはいずれ殿堂入りすると自信を持っていた。まだ殿堂入りしていない他のバンドも同じだ。彼らはいずれ殿堂入りする。とにかく、すごく光栄だ。それ以外言いようがない」

ジューダス・プリーストは過去3度、パフォーマー部門で殿堂の候補に挙がっていた。ミュージカル・エクセレンス・アワードの対象となるメンバーは、ロブ・ハルフォード(Vo)、イアン・ヒル(B)、グレン・ティプトン(G)、スコット・トラヴィス(Dr)に加え、元メンバーのK.K.ダウニング(G)、レス・ビンクス(Dr)、故デイヴ・ホーランド(Dr)の7人。ハルフォードは以前、式典に元メンバーたちが出席するのは当然のことで、彼らを歓迎すると話していた。

ミュージカル・エクセレンス・アワードには近年、Eストリート・バンド、リンゴ・スター、ナイル・ロジャース、LL・クール・J、ビリー・プレストン、ランディ・ローズらが選出されている。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報