【速レポ】<SAI 2022>DAY2、ASIAN KUNG-FU GENERATION「ともに下積み時代を過ごした友達がこういうステージを作る。本当にリスペクトしています」

ツイート
no_ad_aritcle

アトモスフェリックなイントロから湧き上がるように伊地知潔(Dr)が鳴らした力強いビートに合わせ、アリーナとスタンドを埋め尽くした観客全員が手拍子を始めた。誰もがASIAN KUNG-FU GENERATIONの登場を待っていたことがわかった。

◆ASIAN KUNG-FU GENERATION ライブ写真

1曲目は「君という花」。喜多建介(G, Vo)がコードをかき鳴らすリフに後藤正文(Vo, G)がカッティングを重ね、山田貴洋(B, Vo)と伊地知が無骨に支えるリズムと1つになるバンドアンサンブルはタイトそのものだ。バンドはミッドテンポの演奏で心地いい空間を作っていく。

続く「リライト」は、冒頭、後藤がコードをかき鳴らしただけで客席が色めき立った。待ち焦がれていた曲をしっかりと受け止めようと、観客が精一杯振った手はサビで後藤が声を張ると、さらに高く中空に伸びる。





後藤がジャーンと鳴らしたコードに観客が贈った割れんばかりの拍手が曲の人気を物語っていた「ソラニン」は、リズム隊2人の前ノリの演奏がミッドテンポの曲調に焦燥感を加えるアンサンブルが聴きどころ。前へ前へと進むリズムに煽られるように後藤が声を振り絞るように歌うと、喜多がトレモロピッキングで弦をかき鳴らしながら熱を放つ。

「今日は素晴らしい場所に呼んでいただいてありがとうございます。なかなか大変な2年半を突き抜けて、またこういう景色が戻ってきたことが本当にうれしいし、長らく下北(沢)とか渋谷とか、そういう街で、ともに下積み時代を過ごした友達がこういうステージを作るってことは、本当にリスペクトしています。今日、最初に出たTHE BACK HORNと初めて対バンしたのが下北沢SHELTERの昼の部。お客さんもいなくて。そういう時のことも思い出しました。
 特に決まりごともないから、みんな自由に、誰かの真似をする必要もないから、あ、アジカン、なんか違うと思ったらトイレに行ってもいい(笑)。そういうのもひっくるめて、音楽の現場が自由になるっていうのを実現していくといいなと思っています」──後藤正文




後藤によるMCを挟んでからの後半戦は、観客の期待に応えるように長年演奏し続けてきた人気曲をたたみかけ、客席を盛り上げた前半戦から一転、2022年3月にリリースした最新アルバム『プラネットフォークス』からの「You To You」をはじめ、新しめの曲を披露しながら、タイトの一言には収まりきらないアンサンブルも楽しませる。跳ねるドラムが客席を揺らしたその「You To You」は喜多と山田が加えるファルセットのコーラスに加え、喜多によるサイケデリックなギターソロも聴きどころだった。

続く「荒野を歩け」は、2本のギターがコードをかき鳴らしたタイトなアンサンブルの中で、童歌もちょっと連想させる後藤の節回しが生む独特のリズムで差を付ける。そんなリズミカルな歌に観客が手拍子で応えた。


「もう1曲聴いてください」(後藤)と披露したラストナンバーは『プラネットフォークス』からの「Be Alright」。後藤がマイク片手にステージを左右に動きながら、ラップに近い歌を唄ったR&B調の楽曲は、力強いメッセージになっているタイトルを繰り返すサビもさることながら、隙間を作りながら、メンバーそれぞれに代わる代わるフレーズを際立たせた立体的なアンサンブルにも耳を傾けずにいられなかった。

楽曲そのものが主役だと考えているのだと思うが、誰一人スタンドプレイに走らず、バンドが一丸となっていることを物語るアンサンブルで、アジカンならではのバンド観をアピールしているように思える彼らにしては、ちょっと異色かもと思えるところが興味深かった。

最後は観客が拍手を贈る中、サポートメンバーも含め、メンバー全員が肩を組み、一礼した。そんなところにも前述した彼らのバンド観が表れていたように感じられ、清々しい気持ちになったのだった。

取材・文◎山口智男
撮影◎山川哲矢

セットリスト

1. 君という花
2. リライト
3. ソラニン
4. You To You
5. 荒野を歩け
6. Be Alright

■<ACIDMAN presents「SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI” 2022」>

2022年11月26日(土) さいたまスーパーアリーナ
2022年11月27日(日) さいたまスーパーアリーナ

この記事をツイート

この記事の関連情報