【対談インタビュー】暁(アルルカン)× 逹瑯(MUCC)、「一番強い右ストレートを出すしかない」

ツイート

2023年に10周年を迎えるアルルカンが、2月11日、恵比寿LIQUIDROOMにて<10th Anniversary 2man「餓者髑髏」>を開催する。この2マンライブの相手として迎えるのは、25周年を迎えたMUCC。ともに親交があり、過去にも同じステージ立つ経験があった両者だが、このタイミングでぶつかり合うことになった。

BARKSではライブ開催前に、ボーカリスト同士、ギタリスト同士の対談を実施。この2マンライブをきっかけにして、改めてお互いについて語ってもらった。バンドを始めた当時の思い、転機となったタイミングなども語られ、アルルカンからは敬愛するMUCCへの愛、MUCCからはライバルとしても頭角を現してきた後輩アルルカンへの想いを感じることができるインタビューとなった。まずはボーカリスト同士、暁(アルルカン)と逹瑯(MUCC)の対談をお届けしよう。

関連記事:◆【対談インタビュー】奈緒(アルルカン)× ミヤ(MUCC)、「ライヴが楽しい!ってなれたらそれが一番」

   ◆   ◆   ◆

■どうしても一緒にやりたいです!っていうのがほんと素直な気持ち(暁)

──アルルカンとMUCCは以前から親交のある関係性ですが、このたび今年で10周年を迎えるアルルカンが<10th Anniversary 2man「餓者髑髏」>と題したライヴを行い、そこでMUCCをあらためて迎え撃つとことになりました。そもそも、この企画は何時どのようにして持ち上がったものだったのでしょうか。

暁:実を言うと、お誘い自体はけっこう前からしてたんです。お互いのスケジュールだとか、いろいろな時期もうかがいながら、このところは主にうちの奈緒から話をさせてもらっていたんですよ。

──奈緒さんは、近年だと逹瑯さんのソロプロジェクトにも参加されていますものね。

逹瑯:うん、奈緒からも話は聞いてました。っていうか、それより右手のその包帯はどうしたん?!

暁:あ、ちょっと折りました(苦笑)

逹瑯:いつ!?

暁:年末の<V系って知ってる?>の翌日っすね。ちょっとドジっちゃって。

逹瑯:じゃあ、年明けのライヴとかはどうしてたの?

暁:この間は包帯を取ってやりました。

逹瑯:そっかー、やるねぇ!

暁:2月までにはくっついていると良いんですけど(笑)

逹瑯:ほんとだね。じゃあ、さっきの<餓者髑髏>をやることになった経緯についての話の続きをどうぞ(笑)。


──あらためてお願いいたします。

暁:やっぱり、先輩と一緒にやるのってものすごく気合いが入るじゃないですか。追い込まれた時に実力がめちゃくちゃ出るみたいな。なんか、今こそああいう特殊なポテンシャルの自分に用があるというか、それをあらためてモノにしたくて。ずっと可愛がって来ていただいてるだけに、今のアルルカンはここまでやります!っていうところを直接ライヴの場で見て欲しいな、という気持ちもありました。もっと凄いシンプルに言うと、とにかくここまでにいろんな感情とか状況が積み重なってきた中で、どうしても一緒にやりたいです!っていうのがほんと素直な気持ちなんですよ。

逹瑯:その気持ちはなんかわかるな。2マンってそういうもんだよね。やりたくない人とはやらんし(笑)。

──つまり、MUCC側としてもこれはウェルカムなお話だったわけですか。

逹瑯:メンバーみんな仲良いし、全然いいんじゃない?っていう感じでしたよ。ただ、タイミング的な面で2023年はお互いバチバチに忙しいっていうのがわかってたから、あとは日程さえ合えばっていうところだけでした。

──確かに、MUCCは昨年から25周年にまつわるあれこれが続いているところですし、アルルカンも10周年なわけで、ともにスケジュールは目白押しとなっていますね。なお、アルルカンとMUCCと言えば昨年末の<V系って知ってる?>でも共演されていました。あれは最早対バンライヴの領域を超えたものではありましたけれど、ここで少しあの日のことを振り返っていただいてみてもよろしいでしょうか。

逹瑯:いや、あれは対バンだなんだっていうよりも“SORA(DEZERT)の日”だったから。SORAが頑張った日だったんで、自分らはそこにどう花を添えてくか?っていう感覚だったんで。個人的には、横の対バンについてどうこうっていうのはなかったかな。

暁:僕もそこは逹瑯さんと同じくで、呼んでもらったSORAの期待に応えたいとか、今の世代としてやるべきことをやらなきゃという使命感が主にありましたね。そして、先輩たちに対するリスペクトと自分の野心をどっちもあの場でちゃんと表明することが自分のやるべきことだと思ってたし、それがSORAに対しての礼儀。って感じて、普段のイベントとか2マンをやる時とはやっぱりスタンスが違いました。

──ちなみに、あの<V系って知ってる?>では“ムック Respect Session”で暁さんが「絶望」を歌うという場面もありましたね。

暁:お邪魔させていただきました。

──あれ以前にも、暁さんがオフィシャルな場でムックまたはMUCCの楽曲を歌われたことはあったのでしょうか?

暁:前に1回だけ、MUCCのツアー(2021年に開催された<MUCC TOUR 202X 惡-The brightness world>)の新潟公演にゲストヴォーカルとして呼んでいただいた時、「目眩」と「蘭鋳」を歌わせていただいたことがありました。

逹瑯:そうだったわー。

──その際は逹瑯さんとのツインヴォーカル体制だったかと思いますが、先日の「絶望」に関しては来夢(キズ)さんとのツインヴォーカル体制でしたよね。武道館にて、あのような“ムック Respect Session”を体験してみて、どのように感じられました?

暁:来夢とふたりだったのもあって、あのセッションに関してはもう純粋に楽しんじゃいましたね。しかも、ちょうど「絶望」が始まった途端にプロンプター(歌詞字幕の表示機器)が映らなくなっちゃったから、来夢と一緒に思わず笑っちゃって(笑)。

逹瑯:テンパってたもんね。あれは大変だろうなって思いながら観てた(笑)。

暁:あのハプニングがあって、逆に凄い楽しくなっちゃいましたね。面白かったです。


──逹瑯さんからしてみると、暁さんや来夢さんといった後輩たちが自分のバンドの曲を歌っている姿はどう映りました?

逹瑯:うちらが過去にやってきたようなことを、暁とか来夢の世代にやってもらうようになって来たんだなって感じたし、そこが凄く面白かったです。で、カバーしてもらう側の立場になってみたときに嬉しい気持ち半分、もう半分は悔しいというかヤキモチじゃないですけど、なんかちょっと複雑な心境にもなりましたね。自分のバンドのカバーセッションなんだけど、でも「俺もやりたいのになー」って(笑)。

──もっとも、あの日の逹瑯さんはMUCCとしてのパフォーマンスだけでなく“BUCK-TICK Respect Session”でも活躍されていたではないですか。

逹瑯:でも、あれはそれこそうちらが過去にやってきた先輩たちのカバー、っていう意味では今までどおりと言えば今までだったでしょ。その点、このあいだの武道館だと千秋(DEZERT)がやった“蜉蝣 Respect Session”もそうだったけど、今までだったらあの日あの場にいたガラ(メリー)とか俺が歌ってたはずのところを、うちらの世代は敢えて手を出さずに次の下の世代の子たちが歌ったっていうのが良かったなと思ってて。

──確かに、後輩陣が先輩バンドたちの曲を大切に演奏していく様からは“受け継がれていくもの”を感じさせてもらえました。

逹瑯:もちろん、“蜉蝣 Respect Session”の時はkazu(ex.蜉蝣~the god and death stars / gibkiy gibkiy gibkiy)くんも参加してくれてたけどね。アルルカンの暁、キズの来夢、DEZERTの千秋っていううちらの下の世代のヴォーカリストたちが、ああいうかたちで俺らの世代の曲を歌ってくれたっていうことの意味は大きい気がする。

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報