【速レポ】<中津川ソーラー>シアターブルック w/ 河村隆一、「このフェスがやれて良かった!」

ツイート
no_ad_aritcle

強い日差しと涼しい風が入り混じる夕刻、RESPECT STAGEに登場したのはシアターブルックだ。<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>のオーガナイザーである佐藤タイジ(Vo, G)をはじめ、中条卓(B)、Yasuhiro Yonishi(デッキ)、沼澤尚(Dr)、吉沢dynamite.jp(DJ)が順々に姿を現せば、待ち構えていたオーディエンスからの万雷の拍手で溢れ返る。

◆ライブ写真

佐藤タイジから「今年中にニューアルバムを出せれば」という話もあったように、今のシアターブルックはいい感触を掴んでいるのだろう。チンパンジーとボノボの性質の違いからヒントを得たという「白くまとボノボ」、タイジのパートナーの発言がキッカケになった「私をアムスに連れてって」という新曲2曲がライブ中盤から後半にかけて披露されたことはもとより、オープニングナンバー「聖なる巨人」からもコンディションの良さがビシビシと伝わってきたほどだ。優雅さを漂わせながら佐藤タイジと中条が呼吸を合わせた瞬間に繰り広げた自由自在で自由奔放なプレイ。旋律に絡む風切り音や鳥のさえずり、生命の躍動を想起させるリズムがライブの始まりを鮮烈に告げた。



続く2曲目は盛大なカウントからドロップされた「ドレッドライダー」だ。艶っぽい歌声、絶妙な重みを持つファンキーグルーヴがゾクゾク感を演出すると、“待ってました!”とばかりにオーディエンスがサムズアップのごとくピースマークをステージに向けた。シアターブルックのライブはオーディエンスも主役のひとり。ここぞというキメのみならず、情熱的なギターソロでも、心躍るリズムでも、極上のトーンでもいい。気持ちが高揚すれば大きな声を上げて自分を解き放つ…その姿にロックの本質をみた。音楽に縛られるなんて本末転倒という状況にグッときた。




「踊ってもらうために音楽をやってます」というタイジの言葉から、マイケル・ジャクソンのカバー「今夜はドント・ストップ」へ。オシャレでキレ味鋭いファンキーチューンは、巧みなファルセットも心躍らせる。お酒を片手に体を揺らしたり、ピースマークを突き上げたり、RESPECT STAGEがゴキゲンなダンスフロアに染め上げられた。

「物凄いスペシャルゲストを紹介します。こんなことが起きるんですね。From LUNA SEA、河村隆一!」──前述した新曲「白くまとボノボ」演奏後、ゲスト出演が事前アナウンスされていた河村隆一の登場となった。


河村隆一の<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>出演は初。ラジオ番組でのセッションはあったものの、シアターブルックと河村隆一のライブステージ共演は、予想像以上に驚きの光景だ。<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>のセッションはどんなことも起こり得る…そんな可能性も実証してみせたコラボレーションのようにも感じた。そして演奏したナンバーは不朽の名曲「マイウェイ」。ゆったりとしたスケール感で歌い上げる河村は、“君”という歌詞部分でタイジを見つめた。これは夢か幻か、<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>に語り継がれるであろうワンシーンとなった。



そしてラストは、「この曲を歌い続けたからこそ<中津川THE SOLAR BUDOKAN>は生まれたんだ」とタイジが語ったアンセム「ありったけの愛」。同曲ではパーカッションの辻コースケが加わったほか、オーディエンスの手拍子に乗せて歌ってみたり、名曲「Lovin' You」の一節を引用して声を合わせたり、全員で気持ちをひとつに歌おうという想いが伝わってきた。“♪みんなきっと分かってる”という歌詞に続けて「中津川ソーラー、最高! このフェスがやれて良かった!」と喜びを爆発させた佐藤タイジは、「感謝しかない、感謝しかないわ!」と絶叫するなど、今年のシアターブルックも名場面の連続。忘れられない一夜となった。


取材・文◎ヤコウリュウジ
撮影◎三浦麻旅子

■セットリスト

1. 聖なる巨人
2. ドレッドライダー
3. 今夜はドント・ストップ
4. 白くまとボノボ
5. マイウェイ w/ 河村隆一
6. 私をアムスに連れてって
7. ありったけの愛

■<中津川THE SOLAR BUDOKAN 2023>



9月23日(土) 岐阜県中津川公園内特設ステージ
9月24日(日) 岐阜県中津川公園内特設ステージ
open10:00 / start11:00 ※予定
岐阜県中津川市茄子川1683-797
▼出演
【9月23日(土)】androp / BREIMEN / Caravan / 地球三兄弟(YO-KING / 桜井秀俊 / 奥田民生) / DURAN / HEY-SMITH / HY / 韻シスト / いとうせいこう is the poet / JUN SKY WALKER(S) / 清春 / Major in Body Bear (from台湾) / NakamuraEmi / OAU / PLECTRUM / ROCKIN’ QUARTET (大木伸夫, ホリエアツシ, 村松拓, TOSHI-LOW, 内澤崇仁) / ROCK’N’ROLL GYPSIES (花田裕之, 下山淳, 池畑潤二, 市川勝也) / SOIL&“PIMP”SESSIONS / 10-FEET / 打首獄門同好会 / うじきつよし / ヤバイTシャツ屋さん / DUCK HOUSE
【Village Of illusion】ermhoi / Kaoru Inoue / DJ KENTARO / 武藤昭平 with ウエノコウジ / OBRIGARRD / Rei / TOMOYUKI TANAKA (FPM)
【9月24日(土)】シアターブルック w/ 河村隆一 / ACIDMAN / a flood of circle / the band apart / ComplianS+Afro Begue (佐藤タイジ, KenKen, Omar Gaindefall, 津田悠佑, 佐々木俊之, Naoto) / FIVE NEW OLD / FLYING KIDS / 吉川晃司 / 木村カエラ / LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS / STOCKMAN / NONA REEVES / Nothing’s Carved In Stone / Nulbarich / 奥田民生 Solar Session / Omoinotake / Original Love / リーガルリリー / サンボマスター / ストレイテナー / 土岐麻子 feat. 堀込泰行 / うじきつよし

▼チケット
・2日通し入場券 15,900円
・9月23日(土) 入場券 9,800円
・9月24日(日) 入場券 9,800円

【各プレイガイド】
▼イープラス
https://eplus.jp/ntsb23/
▼チケットぴあ
https://w.pia.jp/t/solarbudokan-23/
Pコード:2日通し入場券:780-841 / 1日入場券:248-631
▼ローチケ
https://l-tike.com/solarbudokan/
Lコード:42780
▼サンデーチケットセンター
https://www.sundayfolk.com/go/ntsb2023/
▼プレイガイドぎふ
https://www.cnplayguide.com/gifu-np/
※キャンプ券・駐車場券はイープラスのみ受付

【往復シャトルバス乗車電子チケット】
中津川駅(にぎわい広場)⇆ 会場(中津川公園)
http://solarbudokan.com/2023/access/index.html#sec-4
【フード&フリマ出店】
http://solarbudokan.com/2023/area/shop/
【オフィシャルグッズ】
http://solarbudokan.com/2023/goods/
【公式アプリ】
アーティストの出演日程やタイムテーブルに加え、プレイリストを試聴できるなどの機能を搭載
・iOSアプリ:https://apps.apple.com/us/app/id1466179992
・androidアプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.eplus.solarfes

主催:中津川 THE SOLAR BUDOKAN 実行委員会



■“こどもソーラーブドウカン2023”コンテンツ紹介

【うじキングダム こどもパレード】※協力:株式会社ヤイリギター

▲うじキングダム こどもパレード


▲内澤崇仁(androp)
今年もこどもソーラーブドウカン国王にうじきつよしが就任。「うじキングダム こどもパレード」と題して、ギター&パーカッション教室とパレードを実施。うじきつよし&内澤崇仁(androp)共作によるこどもソーラーブドウカンテーマソングでパレードを行う。
出演:うじきつよし、内澤崇仁(androp)、辻コースケ、伊地知潔(ASIAN KUNG-FU GENERATION / PHONO TONES)…and more

【HY HeartY Village@こどもソーラーブドウカン】

▲HY HeartY Village
HYのメンバーと一緒に自然の物や身の回りの物を少し工夫して、楽しい楽器を作ります。作った楽器でHYとセッションも。
※申し込み方法など詳細は後日発表

【ドラムであそぼう】※協力:パール楽器製造株式会社

▲こどもドラム教室
ドラムの老舗メーカー パール楽器協力、キッズドラムセットが登場。ドラムを叩いたことがない初心者も大歓迎。ASIAN KUNG-FU GENERATIONのドラマー伊地知潔が先生として登場する『こどもドラム教室』も開催する。

【水素で動かせ!ミライのクルマ実験教室】※協力:トヨタ自動車株式会社
未来のエネルギー水素の特長を「作る」「貯める・運ぶ」「使う」の3つのシーンで学び、みんなで実際に水素を作る実験をします。作った水素で燃料電池自動車「MIRAI」の模型を走らせてみよう。

【RAV4で快適キャンプ体験】※協力:トヨタ自動車株式会社 ✕ KEEN

▲伊地知潔(ASIAN KUNG-FU GENERATION / PHONO TONES)


▲NAOTO
TOYOTA RAV4の給電を使って快適キャンプ体験を楽しむ。人気ブランド「DOD」、アウトドア・フットウェアブランド「KEEN」がキャンプギアを提供する。TOYOTA RAV4の給電と調理家電を使用した『キャンプ料理教室』も開催。
出演:伊地知潔(ASIAN KUNG-FU GENERATION / PHONO TONES) ✕ NAOTO(Violinist)

【みんなで作る「太陽のステージ」】※画家 近藤康平 ✕ 木こりの熊さん 監修

▲木こりの熊さん
木を切る・画を描く、何をやっても自由。こども自身が作りたいアート作品を画家 近藤康平と木こりの熊さんが一緒に制作。出来上がった作品は、こどもソーラーブドウカンのメインステージ「太陽のステージ」の装飾として取り付けられていく。2日間でどんなステージが出来るのか? 誰もわからない。進化する「太陽のステージ」は必見。

【TOYOTA こどもソーラー食堂 BY 伊地知潔】

▲水素で動くFCキッチンカ
料理研究家としても活躍するドラマー伊地知潔(ASIAN KUNG-FU GENERATION / PHONO TONES)が、キャンプでこどもも楽しめる簡単レシピを考案。こどもソーラーブドウカンで料理教室を行う。水素で動くFCキッチンカーを使った「TOYOTA こどもソーラー食堂」が登場。伊地知潔監修によるキャンプでこどもも楽しめる簡単料理を限定無料配布決定。

【中津川少年少女合唱団 SOLAR CHILDREN スペシャルステージ】

▲中津川少年少女合唱団
幼稚園年中から中学3年生までのこども達によって美しいハーモニーを響かせる『中津川少年少女合唱団』が、昨年に続き今年も登場!結成から22年を誇る合唱団のOBも参加する『中津川少年少女合唱団 SOLAR CHILDREN スペシャルステージ』をどうぞお楽しみに。

【Moving eによる「こどもソーラーブドウカン」への電力供給】

▲Moving e
水素から電気を生み出すMoving eを使って、こどもソーラーぶどうかんエリアへ電力を供給。Moving eは大容量水素を搭載する燃料電池バスと、可搬型外部給電器・可搬型バッテリーを組み合わせたシステムで、電力供給量は最大約490kWh。

■クラウドファンディング“ソーラーサポートプロジェクト”


▼受付サイト
クラウドファンディングサービス“Fanpla Action”
https://action.fanpla.jp/tsb2023
▼参加受付期間
9月5日(火)19:00~9月30日(土)23:59
※印の下記コースはリターン品発送の都合上、9月13日(水)23:59まで
▼サポートコース一覧
・ソーラーサポーター コース:1,000円(税込)
・エコバッグ コース(※):2,500円(税込)
・もみ殻リユースカップ コース(※):3,000円(税込)
・Tシャツ コース(※):4,500円(税込)
・サイン入りTシャツ コース(※):10,000円(税込)
・バックステージツアー コース(※):10,000円(税込)
・アフタートーク コース(※):10,000円(税込)
▼サイン入りTシャツ参加アーティスト(順不同)
・LOW IQ 01
・a flood of circle
・JUN SKY WALKER(S)
・the band apart
・NONA REEVES
・Omoinotake
・土岐麻子 with 堀込泰行
・Nothing's Carved In Stone
・ストレイテナー
・androp
・佐藤タイジ


この記事をツイート

この記事の関連情報