【速レポ】<中津川ソーラー>LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS、シノッピのリフとベックのリズムで「こうなったらとことん飛ばしていきます!」

ツイート
no_ad_aritcle

18時30分、RESPECT STAGEにはLOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERSが登場することになっている。しかしSEに乗って現れたのはASPARAGUSの渡邊“シノッピ”忍、FOUR GET ME A NOTSの阿部“ベック”貴之。

◆ライブ写真

シノッピはFOUR GET ME A NOTSの作品をプロデュースしているから二人の関係性に不思議はないとしても、ここに出てくる組み合わせとしては謎。するとそこに登場したのはLOW IQ 01。急遽、いつもと違うメンツで今回のライブをやることになったという。

「もうこうなったら、とことん飛ばしていきます。開き直っちゃっていいですか!」



LOW IQ 01の威勢のいい言葉を合図にシノッピがリフを弾き始め、ベックが力強くも小気味いいリズムを叩き、LOW IQ 01がベースリフを刻む。イントロからわずか数十秒で分かった。強力なトリオバンドが今ここにいることが。本番前のステージリハーサルでは「変わりものが好きなヤツ、もっと集まれぇ〜!」とLOW IQ 01は冗談めかして叫んでいたが、いやいや、本物が好きなヤツは集まるべきと訂正したい。

なにしろ3人全員がボーカルも取りながら演奏できるミュージシャンであり、それぞれやってきたバンドや現在やっているバンドのキーマン。分かりやすく言えば、SUPER STUPIDとASPARAGUSとFOUR GET ME A NOTSのリーダーたちによる奇跡のバンドだ。

LOW IQ 01をサポートするように集まったのが、THE RHYTHM MAKERSという位置づけだと思う。だが今日のTHE RHYTHM MAKERSのシノッピとベックは、バンドアンサンブルの重要性を十分に分かっていながら、変に遠慮しない。



ラウドな高速プレイや強烈ビートを決めるのはベック。パンクもロックもポップスも網羅するギタープレイのうまさと、胸キュンの切なさも醸し出す歌声で迫るシノッピ。LOW IQ 01の曲が持つメロディの良さを、二人はコーラスワークで、ときにはシノッピがLOW IQ 01とメインで歌い、高純度なところまで持っていく。

そんな二人にLOW IQ 01は当然刺激もされる。ベースリフや激しいラインフレーズを遠慮なく弾きながら、エネルギーをほとばしらせながら歌い、メロディもたっぷり放出する。

いかついパワーもスピードも、それにメロディックさも、全て備えた奇跡のバンドアンサンブルで、LOW IQ 01のおなじみの楽曲たちが別の顔つきに激変している。オーディエンスも本能が赴くまま気持ちを高ぶらせ、丘のようになっている客席エリアでは転んで、そのままころがってしまう事態も連発。


「そうなるよね。坂道コ〜ロコロだよね。ちょっとあんた、飛ばし過ぎ。元来、このRESPECT STAGEはロックバンドがさ……、うちらもロックバンドだよ(笑)。でも、ちょっとビートが速いロックバンドなんです」とLOW IQ 01が言えば、シノッピも「ロックンロールってのは転がる石なんて言っちゃいますけども。今日は急こう配だから、転がる人間になっちゃって。ロックンヒューマンってね。でもケガだけはしないで。ヘルス大事だよ。お店の話じゃないよ〜」とMCをかぶせる。

これ以上の詳細はやめておくが、ちょっとあんたたち、MCも飛ばし過ぎである。でもMCのやり取りも最高のアンサンブルっぷりで、オーディエンスも腹をよじって大笑い。


また演奏中も、シノッピは高田純次ダンスで大暴れしたと思えば、客席エリアに飛び降りてソロを激弾き。「Hangover Weekend」の間奏では、LOW IQ 01とシノッピが回転しながら片足を上げるインディアン風ダンスを一緒に決めて、オーディエンスを湧かせる場面も。そしてそして「Snowman」では舞台終わりのカーテンコールのごとく各方位のお客さんに頭を下げて感謝しつつ、二人で腕を組んでメロディアスフレーズを弾くなど、憎い演出も。

最初から最後まで、バンドとしてのレベルの高さを感じさせ続けながら、驚かせたり、笑わせたりとやりたい放題のLOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS。この驚異のトリオが、今回の<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2023>だけとは惜しい。貴重な瞬間を目撃したオーディエンスでもある。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎三浦麻旅子

■セットリスト

1. WHAT'S BORDERLESS?
2. Out in Bloom
3. Ring of Love
4. Delusions of Grandeur
5. Big Little Lies
6. Starting Over
7. So Easy
8. Makin' Magic
9. Hangover Weekend
10. Snowman
11. Little Giant

■<中津川THE SOLAR BUDOKAN 2023>



9月23日(土) 岐阜県中津川公園内特設ステージ
9月24日(日) 岐阜県中津川公園内特設ステージ
open10:00 / start11:00 ※予定
岐阜県中津川市茄子川1683-797
▼出演
【9月23日(土)】androp / BREIMEN / Caravan / 地球三兄弟(YO-KING / 桜井秀俊 / 奥田民生) / DURAN / HEY-SMITH / HY / 韻シスト / いとうせいこう is the poet / JUN SKY WALKER(S) / 清春 / Major in Body Bear (from台湾) / NakamuraEmi / OAU / PLECTRUM / ROCKIN’ QUARTET (大木伸夫, ホリエアツシ, 村松拓, TOSHI-LOW, 内澤崇仁) / ROCK’N’ROLL GYPSIES (花田裕之, 下山淳, 池畑潤二, 市川勝也) / SOIL&“PIMP”SESSIONS / 10-FEET / 打首獄門同好会 / うじきつよし / ヤバイTシャツ屋さん / DUCK HOUSE
【Village Of illusion】ermhoi / Kaoru Inoue / DJ KENTARO / 武藤昭平 with ウエノコウジ / OBRIGARRD / Rei / TOMOYUKI TANAKA (FPM)
【9月24日(土)】シアターブルック w/ 河村隆一 / ACIDMAN / a flood of circle / the band apart / ComplianS+Afro Begue (佐藤タイジ, KenKen, Omar Gaindefall, 津田悠佑, 佐々木俊之, Naoto) / FIVE NEW OLD / FLYING KIDS / 吉川晃司 / 木村カエラ / LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS / STOCKMAN / NONA REEVES / Nothing’s Carved In Stone / Nulbarich / 奥田民生 Solar Session / Omoinotake / Original Love / リーガルリリー / サンボマスター / ストレイテナー / 土岐麻子 feat. 堀込泰行 / うじきつよし

▼チケット
・2日通し入場券 15,900円
・9月23日(土) 入場券 9,800円
・9月24日(日) 入場券 9,800円

【各プレイガイド】
▼イープラス
https://eplus.jp/ntsb23/
▼チケットぴあ
https://w.pia.jp/t/solarbudokan-23/
Pコード:2日通し入場券:780-841 / 1日入場券:248-631
▼ローチケ
https://l-tike.com/solarbudokan/
Lコード:42780
▼サンデーチケットセンター
https://www.sundayfolk.com/go/ntsb2023/
▼プレイガイドぎふ
https://www.cnplayguide.com/gifu-np/
※キャンプ券・駐車場券はイープラスのみ受付

【往復シャトルバス乗車電子チケット】
中津川駅(にぎわい広場)⇆ 会場(中津川公園)
http://solarbudokan.com/2023/access/index.html#sec-4
【フード&フリマ出店】
http://solarbudokan.com/2023/area/shop/
【オフィシャルグッズ】
http://solarbudokan.com/2023/goods/
【公式アプリ】
アーティストの出演日程やタイムテーブルに加え、プレイリストを試聴できるなどの機能を搭載
・iOSアプリ:https://apps.apple.com/us/app/id1466179992
・androidアプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.eplus.solarfes

主催:中津川 THE SOLAR BUDOKAN 実行委員会



■“こどもソーラーブドウカン2023”コンテンツ紹介

【うじキングダム こどもパレード】※協力:株式会社ヤイリギター

▲うじキングダム こどもパレード


▲内澤崇仁(androp)
今年もこどもソーラーブドウカン国王にうじきつよしが就任。「うじキングダム こどもパレード」と題して、ギター&パーカッション教室とパレードを実施。うじきつよし&内澤崇仁(androp)共作によるこどもソーラーブドウカンテーマソングでパレードを行う。
出演:うじきつよし、内澤崇仁(androp)、辻コースケ、伊地知潔(ASIAN KUNG-FU GENERATION / PHONO TONES)…and more

【HY HeartY Village@こどもソーラーブドウカン】

▲HY HeartY Village
HYのメンバーと一緒に自然の物や身の回りの物を少し工夫して、楽しい楽器を作ります。作った楽器でHYとセッションも。
※申し込み方法など詳細は後日発表

【ドラムであそぼう】※協力:パール楽器製造株式会社

▲こどもドラム教室
ドラムの老舗メーカー パール楽器協力、キッズドラムセットが登場。ドラムを叩いたことがない初心者も大歓迎。ASIAN KUNG-FU GENERATIONのドラマー伊地知潔が先生として登場する『こどもドラム教室』も開催する。

【水素で動かせ!ミライのクルマ実験教室】※協力:トヨタ自動車株式会社
未来のエネルギー水素の特長を「作る」「貯める・運ぶ」「使う」の3つのシーンで学び、みんなで実際に水素を作る実験をします。作った水素で燃料電池自動車「MIRAI」の模型を走らせてみよう。

【RAV4で快適キャンプ体験】※協力:トヨタ自動車株式会社 ✕ KEEN

▲伊地知潔(ASIAN KUNG-FU GENERATION / PHONO TONES)


▲NAOTO
TOYOTA RAV4の給電を使って快適キャンプ体験を楽しむ。人気ブランド「DOD」、アウトドア・フットウェアブランド「KEEN」がキャンプギアを提供する。TOYOTA RAV4の給電と調理家電を使用した『キャンプ料理教室』も開催。
出演:伊地知潔(ASIAN KUNG-FU GENERATION / PHONO TONES) ✕ NAOTO(Violinist)

【みんなで作る「太陽のステージ」】※画家 近藤康平 ✕ 木こりの熊さん 監修

▲木こりの熊さん
木を切る・画を描く、何をやっても自由。こども自身が作りたいアート作品を画家 近藤康平と木こりの熊さんが一緒に制作。出来上がった作品は、こどもソーラーブドウカンのメインステージ「太陽のステージ」の装飾として取り付けられていく。2日間でどんなステージが出来るのか? 誰もわからない。進化する「太陽のステージ」は必見。

【TOYOTA こどもソーラー食堂 BY 伊地知潔】

▲水素で動くFCキッチンカ
料理研究家としても活躍するドラマー伊地知潔(ASIAN KUNG-FU GENERATION / PHONO TONES)が、キャンプでこどもも楽しめる簡単レシピを考案。こどもソーラーブドウカンで料理教室を行う。水素で動くFCキッチンカーを使った「TOYOTA こどもソーラー食堂」が登場。伊地知潔監修によるキャンプでこどもも楽しめる簡単料理を限定無料配布決定。

【中津川少年少女合唱団 SOLAR CHILDREN スペシャルステージ】

▲中津川少年少女合唱団
幼稚園年中から中学3年生までのこども達によって美しいハーモニーを響かせる『中津川少年少女合唱団』が、昨年に続き今年も登場!結成から22年を誇る合唱団のOBも参加する『中津川少年少女合唱団 SOLAR CHILDREN スペシャルステージ』をどうぞお楽しみに。

【Moving eによる「こどもソーラーブドウカン」への電力供給】

▲Moving e
水素から電気を生み出すMoving eを使って、こどもソーラーぶどうかんエリアへ電力を供給。Moving eは大容量水素を搭載する燃料電池バスと、可搬型外部給電器・可搬型バッテリーを組み合わせたシステムで、電力供給量は最大約490kWh。

■クラウドファンディング“ソーラーサポートプロジェクト”


▼受付サイト
クラウドファンディングサービス“Fanpla Action”
https://action.fanpla.jp/tsb2023
▼参加受付期間
9月5日(火)19:00~9月30日(土)23:59
※印の下記コースはリターン品発送の都合上、9月13日(水)23:59まで
▼サポートコース一覧
・ソーラーサポーター コース:1,000円(税込)
・エコバッグ コース(※):2,500円(税込)
・もみ殻リユースカップ コース(※):3,000円(税込)
・Tシャツ コース(※):4,500円(税込)
・サイン入りTシャツ コース(※):10,000円(税込)
・バックステージツアー コース(※):10,000円(税込)
・アフタートーク コース(※):10,000円(税込)
▼サイン入りTシャツ参加アーティスト(順不同)
・LOW IQ 01
・a flood of circle
・JUN SKY WALKER(S)
・the band apart
・NONA REEVES
・Omoinotake
・土岐麻子 with 堀込泰行
・Nothing's Carved In Stone
・ストレイテナー
・androp
・佐藤タイジ


この記事をツイート

この記事の関連情報